来場者数延べ10万人突破!「松本城~氷晶きらめく水鏡~」グランドフィナーレが2/22よりスタート

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

長野県松本市のシンボル「国宝松本城」にて開催中の「松本城~氷晶きらめく水鏡~」では、2022年2月22日(火)よりこれまでのすべての演出が一挙に見られるグランドフィナーレを実施します。

■「松本城 ~氷晶きらめく水鏡~」 グランドフィナーレ概要
「松本城~氷晶きらめく水鏡~」では、12月には「クリスマス演出」、1月には「正月演出」、松本市の冬の風物詩・氷彫フェスティバルに合わせた「氷彫演出」、2月の「バレンタイン演出」といった季節イベントに合わせた期間限定の演出を実施し、これまでに来場者数延べ10万人を突破しました。
同イベントが2月28日(月)をもって好評のうちに閉幕することに伴い、2022年2月22日(火)~28日(月)の一週間、通常時の演出と期間限定演出のすべての演出が楽しめる特別なグランドフィナーレを実施します。

■演出タイムテーブル
18:00 / 18:30 / 19:00 / 19:30 / 20:00 / 20:30 (合計6回)
30分間で8つの演出を順番にご覧いただけます。

1.現在→2.過去→3.未来→4.氷晶→5.クリスマス→6.正月→7.氷彫→8.バレンタイン
※4.氷晶のみ7分間の演出、他はそれぞれ3分間の演出となります。

制作中の舞台裏となるメイキング映像も公開しておりますので、合わせてご覧ください。

■制作・演出:Tokyo Lighting Design 合同会社
“SUPERNATURAL”をキーワードとし、様々な空間・環境を舞台に、プログラマーやエンジニアと協働して最新のテクノロジーを取り入れた光の演出を展開し続けている。
夜の逗子海岸をキャンバスに、自然現象の一つである「波」を可視化し一筋の光として波の砕ける音とともに静かに出現させる光の彫刻NightWaveを2015年に発表。
GINZA SIX「Star Light Garden」、東京ミッドタウン「光と霧のデジタルアート庭園」、六本木ヒルズ「ウェストウォークイルミネーション」、表参道ヒルズ「Brilliant Aqua Tree」、赤坂インターシティAirクリスマスイルミネーションなど、各地の商業施設等で光の演出を手がける。
DSA・日本空間デザイン賞「金賞・銀賞・銅賞」、D&AD「Shortlist Pencil Winner」、グッドデザイン賞「Winner」ほか受賞多数。2017年には代表の矢野が外務省日本ブランド発信事業にて日本の照明デザイナーの一人に選定された。

【「松本城~氷晶きらめく水鏡」開催概要】
「松本市イルミネーション2021-2022」のメインエリアとして実施。
イベント期間:令和3年12月1日(水)~令和4年2月28日(月)
点灯時間:18:00~21:00
会場:松本城
参加費:無料
主催:さわやか信州松本フェスティバル組織委員会
演出:Tokyo Lighting Design 合同会社
レーザー:ヴィーナスレーザー株式会社
映像:カラーズクリエーション株式会社
音響:株式会社ラダ・プロダクション
システム:antymark合同会社
松本市イルミネーション2021-2022WEBサイト:https://matsumotoillumi.jp
※ 天等により実施を見合わせる場合があります。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語