岩手製鉄株式会社がForbes JAPAN「SMALL GIANTS AWARD 2021」クラフトマンシップ賞を受賞

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

岩手製鉄株式会社は、2021年2月2日にForbes JAPANが開催した「SMALL GIANTS AWARD 2021」の北海道・東北ブロックに参加。オンラインプレゼンテーションの結果、「クラフトマンシップ賞」を受賞しました。

「SMALL GIANTS AWARD」とは、雑誌「Forbes JAPAN」が主催するコンテスト。 2017年にスタートし、創業10年以上で売上高100億円未満の企業が対象です。小規模ながら、グローバルに飛躍し世界を変える“大きな可能性“を秘めた企業を発掘、表彰し、誌面等で紹介しています。日本が誇る“小さな大企業“ (スモール・ジャイアンツ)を発掘するプロジェクト。審査員からの評価ポイントは、自分たちの技術の強みを活かし、BtoBからBtoCへ進出し、成功している点でした。

受賞企業:岩手製鉄株式会社
受賞:クラフトマンシップ賞
受賞理由:以下、審査員コメント
BtoBが主流の商売からBtoCへの進出は、社員の意識改革から商流まで全く別物であり、対応に苦労されたと思います。キッチン用品はレッドオーシャンであり、新規参入し勝つことは非常に難しい市場でありますが、岩鉄鉄器は他社と差別化できており、年間1万枚売り上げているのは素晴らしいこと。ブランド力を蓄え、今後世界へも通用する商品として発信していただきたい。可能性は十分にあります。

コンテスト名:SMALL GIANTS AWARD 2021(スモール ジャイアンツ アワード2021)
主催:Forbes JAPAN
アワード対象条件:1、売上100億円未満 2、従業員数500人以下 3、創業10年以上
開催日:2021年2月2日(火)
※会場(東京)とオンラインでつなぎ開催
部門:北海道・東北ブロック
審査員:曽我弘(カピオン代表取締役)、内田研一(ビジネスプロデューサー)、藤吉雅春(Forbes JAPAN編集長)
公式サイト: https://forbesjapan.com/small_giants/

■ダクタイルパンについて
岩手製鉄株式会社では、2016年から鉄器事業に着手し、BtoBからBtoC向けの商品開発に取り組みました。鋳鉄製品では今までなかった“軽さ”、表面加工なしで“錆びにくさ”、高い熱伝導率でも“焦げつきにくさ”を実現。唯一無二の技術で「ダクタイルパン」を確立しました。
「ダクタイルパン」は製鉄の歴史と伝統を若い職人たちが引き継いだ「技術」で製造しています。
その技術とは「薄肉強靭鋳鉄(球状黒鉛鋳鉄)と、表面加工処理を行わない窒化・酸化処理による表面改質の複合」です。“軽さ”“錆びにくさ”“焦げつきにくさ”が実現しました。

<主力商品>
商品名:ダクタイルパン26
価格:ダクタイルパン26/15,000円(税抜)
耐熱温度:300℃
素材:鋳鉄
対応熱源:ガス、IH、シーズヒーター、ラジエントヒーター 等
様々な調理シーンで特徴が際立ちます。
焼く・蒸す:鋳鉄の遠赤外線で旨味がアップ
煮る:鋳肌の凹凸が焦げ付きを防ぐ
揚げる:蓄熱性が高く温度を一定に保つ
ミトンなし:一体型でも素手で持てる
詳細URL:https://iwatetsu.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE
» language / 言語