京都随一の繁華街で新たなアートプロジェクト始動!「寺町京極|商店街美術館」12/1スタート

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

寺町京極商店街振興組合によるアートプロジェクト「寺町京極|商店街美術館」が、2022年12月1日(木)より開始されます。

■「寺町京極|商店街美術館」とは
寺町京極商店街は京都の中心、寺町通りの三条から四条に位置し、年間約3500万人もの人が行き交う大きな商店街。歴史あるお店から新しいお店まで、200近くの店舗が軒を連ね、地元京都のみならず関西各地、さらに国内外から多くの人々が訪れます。

「寺町京極|商店街美術館」は、商店街が美術館になり、たくさんの人がアートに触れ、日常生活と文化・芸術がつながる場所を目指したアートプロジェクト。2022年12月1日(火)から1年間、ことくらす合同会社のコーディネートにより、職人や学生、地域団体が制作する様々なアート作品をアーケードに吊り下げ、展示が行われます。

■第一弾は、西山大介氏による「箔アートボード」
「寺町京極|商店街美術館」の第一弾は、西陣の引箔職人である西山大介氏。西陣織の伝統技術である引箔の技術を応用したアートボード作品をアーケード内4ヶ所に吊り下げて展示されます。作品はボード両面で異なった内容になっており、三条から四条まで続く商店街を往復しながら8つのアート作品を見ることができます。

■作品の制作意図(西山大介氏コメント)
コロナによって、これまでの商売が壊滅的なダメージを受けたこと、商店街に活気がなくなっていたこと、人がバラバラになっていくような危機感を感じていること、なぜ芸術表現を商店街で行いたいのか。まだうまくまとまっていない抽象的な輪郭を持つ具体的な言葉から「道徳」と「経済」の調和を説いた渋沢栄一氏の書物「論語と算盤」を連想しました。ただ、今回表現したいのは文化芸術と消費経済の調和です。経済がダメージを負っているいま、文化芸術が「ケア」を担うのだと考えました。見る人によって印象は変わりますが、暗い気持ちが箔のさまざまな輝きによって明るく照らされ、癒されることを祈っています。

<西山大介氏 プロフィール>
昭和30年創業、西山治作商店の現代表兼職人。西陣織の中でも高級な帯地に使用される引箔の制作を行う。幼い頃、兄弟と一緒に遊ぶように職場に出入りし、箔の世界に触れる。大学を卒業してからは、3年ほどテキスタイルの会社に勤務し、25歳で本格的に引箔の修行を開始。現在は和装だけではなく、伝統の技術を応用し、レザーへのデザイン、一輪挿しや財布など小物のパターン提案も行っている。フランスで年2回開催されるプルミエール・ヴィジョン・パリにパートナー企業のKYOTO Leatherのプロジェクトとして2016年以降出展しつづけている。
所属:西山治作商店

■引箔(ひきばく)とは
西陣織特有の技法で、特に高級な帯などに使用される表現力豊かな金糸の一種。和紙の上に金箔や銀箔などを貼り、柄を制作した後に糸ほどに細く裁断、それを引っ張りながら織物に織り込むことから引箔と呼ばれます。近年では帯地だけでなくインテリア装飾やアート作品の技法としても注目されています。

【「寺町京極|商店街美術館」年間スケジュール】
第1期:2022年12月-2023年2月
引箔職人西山大介氏とのコラボレーション
「箔アートボードの作品展示」

第2期:2023年4月-6月
KG+(KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 サテライトイベント)とのコラボレーション
「若手写真家、注目作家の作品展示」

第3期:2023年8月-9月
地域活性化に努める活動団体とのコラボレーション

第4期:2023年10月-11月
京都府内大学生とのコラボレーション

※スケジュールは予定であり、内容は変更される場合があります。天候状況や作品メンテナンスのため、会期中であっても鑑賞できない可能性があります。

「寺町京極|商店街美術館」特設サイトURL:https://tk-museum.kyoto/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語