苗場スキー場、日本最長5,481mの苗場ドラゴンドラで新緑の空中散歩。春の観光営業スタート

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

日本有数のマウンテンリゾート苗場スキー場(新潟県南魚沼郡湯沢町三国)では、苗場ドラゴンドラの新緑観光営業を2022年4月23日(土)から5月29日(日)に実施します。
苗場スキー場とかぐらスキー場(田代エリア)を結ぶ 日本最長5,481m の「苗場 ドラゴンドラ」は、ゴンドラとしては日本一の長さを誇り、アップダウンを繰り返しながらおよそ30分間の空中散歩が楽しめます。
この春も「五感で楽しむ癒やし旅」 をコンセプトに、リフレッシュ&リラックスできる新緑の癒やし旅を提供していきます。
五感とは、視覚(見る)、聴覚(聴く)、味覚(味わう)、嗅覚(香る)、触覚(触る)の5つの感覚のことで、春は新緑と残雪による美しい景色を眺めることができ、沿線に広がる「ブナ」や「ホウノキ」、「トチノキ」や「フジ」なども芽吹き、野鳥たちのさえずりや、雪どけを感じる川のせせらぎが心地よく、生命力あふれる森の空気感に、こころ癒されます。また、苗場ドラゴンドラ山麓駅周辺には「ミズバショウ」の群生地があり、4月中旬頃より、白く可憐な花を咲かせ「苗場ボードウオーク」でも散策を楽しむことができます。さらに、この春は苗場プリンスホテル宿泊のお客さまに限り、スキー・スノーボード利用でのゴンドラ乗車が可能となり、苗場ドラゴンドラに乗ってかぐらスキー場へアクセスすることができます。
雪どけから始まる爽やかな春の観光スポットとして、苗場ドラゴンドラに乗って五感で楽しむ新緑旅はいかがですか。

【苗場ドラゴンドラ新緑運行 概要】
尾根づたいに繰り返されるアップダウンは迫力満点で、下降する時はまさに大自然に包まれているよう。眼下に流れる清津川の清流や神秘的な二居湖(ふたいこ)に心癒やされます。また、 運がよければニホンザルやニホンカモシカなどの野生動物たちに遭遇することもあります。
全長:5,481m(日本最長)
標高:山麓駅921m、山頂駅1,346m
標高差:425m
乗車時間:片道約30分
運行日:2022年4月23日(土)~5月29日(日)
運行時間:9:00~15:00
(下り乗車の最終は16:00)
料金:おとな¥2,200、こども¥1,100(往復)※消費税込
※ケージを使用してのペット乗車も可能(大型犬を除く)有料¥600
詳細ページURL:
https://www.princehotels.co.jp/ski/naeba/dragondola/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語