北海道、ポロト湖の懐にひたるとんがり湯小屋の宿「界 ポロト」 1/14開業

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド「界」の19施設目となる「界 ポロト」が、2022年1月14日、北海道・白老温泉にて開業します。界ブランドにおける北海道初の施設です。コンセプトは「ポロト湖の懐にひたる、とんがり湯小屋の宿」。湖にせり出した、とんがり屋根の湯小屋が特徴的です。また、全ての客室が湖に面し、その広がりを眼前に感じることができます。まるでポロト湖の懐にひたるような一体感を感じる湯浴みが楽しめる宿です。

世界的にも珍しい太古の植物由来の有機物を含有した「モール温泉」が湧出する白老町。界 ポロトの位置するポロト湖畔は、四季折々に色づく景色をたのしむことができ、多くの野鳥が生息する北海道の天然林に囲まれています。設計は、アイヌ文化を尊重し、異なる民族との共生を体験できるよう建築家・中村 拓志(なかむら ひろし)氏に依頼。敷地内にポロト湖を大胆に引き込み、施設のどこにいてもポロト湖を身近に感じることができます。アイヌ語で「大きな湖」を意味する「ポロト湖」。建物は、アイヌ文化伝承の地として維持されてきたポロトコタン(*1)から着想を得ました。湖面にはアイヌ文化の建築特徴である、丸太組みの三脚構造である「ケトゥンニ(*2)」を基本構造とした湯小屋が佇みます。また、界 ポロトの開業に際し、星野リゾートは白老町とパートナーシップ協定を締結しました。
*1 アイヌ民族の集落のこと
*2 伝統的なアイヌ文化の家屋における屋根を支える構造のひとつである三脚構造のこと

「界 ポロト」の特徴
<客室:ご当地部屋「□の間(しかくのま)」>
ポロト湖に面した全客室は、アイヌ民族の暮らすチセ(*3)から着想を得て設計しました。全4タイプの客室すべてに、伝統的なチセの中心にあった四角い「炉(ろ)」をイメージしたテーブルを配します。宿泊者が炉を囲み、団欒してほしいという思いを込めました。室内には、アイヌ民族の生活から着想を得たアート作品を設え、壁紙やクッションには、アイヌ文様を施しました。室内からは、眼前には穏やかなポロト湖と、白樺やカエデが繁る天然林が広がり、室内に設えられた白樺の丸太と相まって、雄大な自然に溶け込むような感覚に包まれます。
*3 アイヌ民族の家のこと

<温泉:世界的にも珍しい「モール温泉」が楽しめる、異なる2つの大浴場>
■世界的にも珍しい「モール温泉」
界 ポロトの温泉は、世界的にも珍しい「モール温泉」。モールは、天然植物由来の腐植質の有機物を含有し、独特な茶褐色の湯が特徴です。皮膚の再生を促進させる働きがある「フミン酸」や、皮膚コンディショニング作用(*4)のある「フルボ酸」を含むモール温泉。それらの成分が化粧品にも配合されることからモール温泉は「美肌の湯」といわれます。(*5)モール温泉の成分に加え、界 ポロトの泉質(*6)は、アルカリ性のため、古い角質を落とし肌の新陳代謝を高めます。
*4 Cosmetic-Info.jp https://www.cosmetic-info.jp/jcln/detail.php?id=11248
*5 道立衛生研究所 青柳直樹 https://www.iph.pref.hokkaido.jp/charivari/2006_06/2006_06.htm
*6 界 ポロトの泉質:アルカリ性単純泉 pH:8.82

■「△湯(さんかくのゆ)」
「△湯」は、アイヌ文化の建築特徴である「ケトゥンニ」を基本構造とした「とんがり湯小屋」の中にあり、内風呂と露天風呂を備えています。内風呂は、源泉かけ流しの「あつ湯」と、心身を鎮静させる「ぬる湯」の2つの湯船があります。そして、ポロト湖にせり出している露天風呂では、新緑、紅葉、雪景色と四季折々に変わる景色とともに、ポロト湖との一体感を感じる湯浴みを楽しめます。

■「〇湯(まるのゆ)」
湖上に佇む開放的な「△湯」に対し、「〇湯」は洞窟の中や地中にいるかのような空間。大地から湧き出る茶褐色のモール温泉を実感できるように設計されました。内風呂のドーム天井の頂部には外と繋がる丸い穴があき、ポロト湖の自然を感じる柔らかな光が差し込みます。「△湯」とともに、ポロト湖周辺との環境に溶け込み、地元の方に愛される名湯を目指します。

<食事:北海道美食を味わう会席料理>
プライベート感が保てる半個室の食事処で、北海道らしい食材をいかした会席料理を提供。夕食は、じゃがいものすり流しにいくらと雲丹をのせた先付「馬鈴薯海宝(ばれいしょかいほう)盛り」で始まります。酢の物・八寸・お造りを一緒に盛り合わせた華やかな「宝楽盛り」では、アイヌ民族が交易の際に使用していた丸木舟をモチーフとした船形の器でアイヌ文化特有の情景を演出しています。そして、特別会席では、メインの台の物に「毛蟹と帆立貝の醍醐鍋(だいごなべ)」を提供。魚介を煮込み、裏ごしした濃厚なブイヤベーススープに、北海道を代表する食材である毛蟹や帆立貝を加えました。出汁や毛蟹などの魚介の旨味を存分に味わえる一品で、心から満たされる夕食のひとときを過ごすことができます。

<ご当地楽(とうちがく):アイヌ民族の自然観に触れる「イケマと花香(かこう)の魔除けづくり」>
界ブランドのおもてなしの一つ、ご当地の文化を体験する「ご当地楽」。界 ポロトのご当地楽は、アイヌ民族が魔除けとして日常的に身に着けていた植物「イケマ」を使った魔除けのためのお守りづくりを行います。「イケマ」は、土のような独特な香りがする植物。自然界すべての物に魂が宿ると考え、自然と共生してきたアイヌ民族にとって、悪いものを遠ざける植物とされます。アイヌ民族の自然観を感じながら「イケマ」と数種類のハーブを、アイヌ文様の記された袋で包みます。最後には、思いを込めた袋を、モール温泉により茶褐色に色づいたオリジナルの紐で封を閉じ、完成です。自然を愛し、共生してきたアイヌ民族の自然観に触れることのできるご当地楽です。

【施設概要】
施設名称:界 ポロト
開業日:2022年1月14日
所在地:北海道白老郡白老町若草町1-1018-94
TEL:0570-073-011(界予約センター)
客室数:42室
付帯設備:ロビー、食事処、トラベルライブラリー、ショップ、湯上がり処、大浴場「△湯」(男女別、露天風呂各1、内風呂各2)、「○湯」(男女別、内風呂各1)
料金:1泊 28,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料・税込、夕朝食付)
アクセス:JR白老駅より徒歩約10分、新千歳空港より車で約40分
URL:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaiporoto/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE
» language / 言語