淡路島発ブランドふぐ「淡路島3年とらふぐ」が旬。うずしおと鳴門海峡の恩恵を受けておいしく育ちました

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

戸内海国立公園に位置するリゾートホテル「休暇村南淡路」(兵庫県南あわじ市福良丙870-1)は、淡路島初のブランドふぐ『淡路島3年とらふぐ懐石・プレミアム』を2021年11月1日(月)より提供開始します。淡路島福良湾で養殖がスタートしてから17年目のシーズン、下関南風泊の天然ふぐに負けずとも劣らない、淡路島の冬の味覚“淡路島3年とらふぐ”のフルコースです。

■『とらふぐの揺籠』淡路島南端、福良で育つ3年とらふぐ
3年とらふぐが育つ福良湾は全国のふぐ養殖場の中でも最も水温が低く、日本一潮の流れが速い鳴門海峡近く。そのため、身がしまり味は濃厚で、天然ものに引けをとりません。一般に流通している「とらふぐ」は2年物で、800g以下のものが殆どですが、淡路島3年とらふぐは3年の歳月をかけて、倍の大きさ1.2~1.8kgとなり 質・量ともに極まった極上のとらふぐに成長します。      

【「淡路島3年とらふぐ懐石 プレミアム」概要】
提供期間:2021年11月1日(月)~2022年3月20日(日)
料金:1泊2食付28,500円~(税込・入湯税別)
※ご利用人数、お部屋タイプ、日程により変更になります。
お品書き:ふぐのひれ酒・ふぐの前菜3種盛・てっさ(ふぐ刺)※お1人様に20枚
てっちり(ふぐ鍋)・焼きふぐ・ふぐ入り茶碗蒸し・白子の天婦羅・ふぐ雑炊・香の物・水物

【景品総額100万円!!地元福良漁協が開催するキャンペーン】
『淡路島3年とらふぐ3つの福キャンペーン』も実施中
期間:2021年10月1日~2022年3月31日
応募期間:2022年3月31日(木)まで消印有効。
内 容 等:キャンペーン期間中、「淡路島3年とらふぐ」を5,000円以上、食べる・購入するともれなく証明書兼応募ハガキがもらえます。証明書に付いているスクラッチクジを削って当たりがでたら、応募ハガキに必要事項をご記入し、投函ください。当選者には後日、事務局より賞品を発送します。スクラッチクジがはずれても、現金10万円と現金5千円が当たるWチャンスもあります。

景品<総額100万円>
1等 淡路島3年とらふぐ てっちりセット
2等 クオカード1,000円
3等 クオカード 500円
4等 ふぐひれ 10枚セット
特別賞 南あわじ市のホテル・旅館の宿泊券・海産物詰め合わせ・観光地入場券等

Wチャンス:
スクラッチチャンスにはずれた方の中から抽選で現金10万円(1名)5千円(30名)が当たります。

■休暇村 南淡路
淡路島の南端。福良湾の高台にあり、鳴門海峡の海の幸、淡路島の大地が育んだ島の食材を、ビュッフェスタイルと会席料理の2本立てで、四季折々に用意。大浴場には塩化物泉でよく温まる南淡温泉を引き、潮風に吹かれ、絶景の鳴門海峡を眺めながら入浴できるのも魅力です。兵庫・大阪他、関西圏のお客様を中心に別荘感覚でご愛顧いただいています。また、直径400mmの反射望遠鏡を備える天文館ポラリスを併設しており、晴天の夜にはナビゲーターによるスターウオッチングを実施しています。淡路島の南で、渦潮で地球の神秘を体感し、天体観測で宇宙の不思議を知る、ときめき創造をコンセプトにした宿です。
所在地:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙870-1
URL:https://www.qkamura.or.jp/awaji/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語