千葉県「笠森観音」、令和初・7年ぶりの本尊御開帳を10/17~11/18に実施

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

笠森観音(千葉県長生郡)は、2021年10月17日(日)~11月18日(木)に7年ぶりとなる本尊御開帳を行います。
本尊の御開帳を行うのは、干支が一周するうち丑年・午年のみ。12年に2度しか訪れない機会で、辛丑(かのと・うし)の2021年はちょうどその年にあたります。

笠森観音(笠森寺)は、日本の天台宗の開祖として知られる伝教大師最澄ゆかりの寺院。延暦3年(784年)、最澄が楠の霊木で刻んだ十一面観世音菩薩を山の上に安置したことが始まりとされています。坂東三十三観音札所の第三十一番札所としても、古来より広く親しまれていました。特徴的なのは、国の重要文化財にも指定されている観音堂の建築様式。山上にあるという立地条件から、日本でも唯一とされる「四方懸造」で建立されました。全国的にも非常に珍しい景観が人気を集めており、千葉県を代表する観光スポットになっています。

本尊御開帳が行われるのは、令和になってからは今回が初めて。めったに見られないご本尊の宝物を拝む機会となります。御開帳本来の意義は、祈願により顕現された仏様に民の救済を願うこと。観音菩薩は如来に次ぐ位であり、この世での幸福(現世利益)を叶える力に満ちているとされます。未曽有のウイルスに翻弄される現代、自分だけでなく他者の幸福にも心を配りながら参拝してみてはいかが。

【笠森観音(笠森寺)概要】
所在地:千葉県長生郡長南町笠森302
TEL:0475-46-0536
拝観料 : 大人300円、小人100円
拝観時間:8:00~16:00(10~3月)
URL: http://kasamori-ji.or.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE
» language / 言語