. 四国のへそ。徳島県三好市の『いけだ阿波おどり』が新型コロナウィルスの影響で開催中止に。 | Drive! NIPPON | 国内観光情報ウェブマガジン

四国のへそ。徳島県三好市の『いけだ阿波おどり』が新型コロナウィルスの影響で開催中止に。

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛中の皆さまへ、自宅で旅した気分を味わっていただけるような情報を今後もお届けします。尚、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。今は、不要不急のお出かけをお控えください。

徳島県三好市はこの度、新型コロナウイルス感染拡大の影響下で、事態収束の見通しが立たず、市民の皆様や参加者、関係者の皆様が感染するリスクを払拭できないことから、2020年8月13日開催予定の『いけだ阿波おどり前夜祭』及び8月14~16日開催予定の『いけだ阿波おどり』の開催中止を決定しました。

三好市の夏の象徴でもある『いけだ阿波おどり』を中止せざるを得なくなったことは、誠に残念ではありますが、三好市では、来年の『いけだ阿波おどり』をより一層盛り上がるお祭りとするべく準備を進めています。

■『いけだ阿波踊り』とは
徳島市中で踊られていた『盆踊り』が、近世後期 (江戸時代後期) には、県内周辺地域に広まり、現・徳島県三好市の池田町でも道中踊りが踊られていました。
明治時代には、池田の各町内・各地区で「おどり連」を作り、中には100人~150人規模の連もありました。
観光化する徳島市の阿波踊りの背中を追うように、昭和30年頃から、いけだ阿波おどりも『見せる阿波踊り』に変化してきました。

道筋の要所にやぐらを組み、阿波池田駅前には、100人程が上がれるステージを設置、「阿波よしこの」のレコードを流し、輪になって踊っていました。
昭和30年後半までは、阿波池田駅前がメインステージで、参加する「連」への審査も行われていました。
昭和35年頃には、現在の観光連の様なキャラバン隊が、他の3県へ阿波踊りの宣伝活動の為踊りに行き、それにともない観光客が大勢訪れるようになりました。
その時代には、企業連もあり、40~50連、内池田町で36連が参加。本格的な桟敷 (さじき) が設置され、「連」の衣装も連ごとに揃い、鳴り物も、鍋ややかんから、太鼓や鉦 (かね) を使うようになり、本格的な阿波踊りイベントとなりました。

現在のいけだ阿波おどりには、他の市町からの「連」の参加もあり、全体で、35~38連の参加のもと、毎年8/13に前夜祭、8/14~16に本番が行われ、三好市の人口が2万4000人ほどではありますが、期間中7万人近い人出があります。

三好市の観光名所である「大歩危・小歩危」や「祖谷のかずら橋」だけでなく、三好市の温泉と共に「いけだ阿波踊り」も観光客に人気です。

徳島市の『阿波踊り』は規模も大きいのですが、『いけだ阿波踊り』は、躍り狂う「連」との距離も近く、より臨場感や一体感が得られることが人気の秘訣。
新型コロナウイルスの感染拡大が終息した令和3年には、是非『いけだ阿波踊り』を楽しみにしてください。

■徳島県三好市公式観光サイト「大歩危・祖谷ナビ」:
https://miyoshi-tourism.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語