佐賀県武雄市、約3000本の梅が咲き誇る! 春の訪れを告げる「御船が丘梅林」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

佐賀県武雄市は、御船山の東側ふもとに広がる御船が丘梅林。
昭和17年、日中友好の目的で作られた如蘭塾の敷地には梅が植えられ、梅林が作られました。
毎年、開花時期の2月中旬から3月上旬には約16万5千平方メートルの広大な敷地に約3000本の梅が咲き誇り、期間中は茶屋がオープンします。また、5月下旬には、青々とした元気な梅の実をちぎるイベント「うめ~ランド」が開催されています。
かぐわしい梅の香りと清々しい早春の大地の息吹を感じに、御船が丘梅林に出かけてみませんか。

【概要】
期間:2月中旬〜3月上旬
場所:御船が丘梅林(佐賀県武雄市武雄町武雄5166)
入場料:無料

■「御船が丘 梅林茶屋」
梅の咲く期間、期間限定でオープンする「御船が丘 梅林茶屋」では、名物の「梅の花餅」も人気です。
茶屋オープン:2020年2月2日(日)~3月中旬まで
時間:10:00~16:30
問合せ:御船が丘 梅林茶屋 (TEL 0954-22-2010)
※梅の開花状況により、営業期間が変動する場合もあります。

■ウェブサイト
http://www.takeo-kk.net/event/002040.php

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語