日本のベニス・富山「内川新湊」で、映画のロケ地や人気グルメを満喫しよう!

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

富山県射水市にある「内川新湊」は、江戸時代から明治時代にかけて北前船の中継地として栄えた場所です。海から海へとつながる珍しい川の両岸には漁船が連なって係留されており、昭和レトロな懐かしい雰囲気は「日本のベニス」と呼ばれ親しまれています。

映画のロケ地としても知られる「内川新湊」

映画のロケ地としても知られる「内川新湊」

近年では映画のロケ地になることが多い「内川新湊」ですが、ロケ地巡りをしながら、周辺にある昔ながらの商店街も楽しめます。また、内川にかかる12の個性的な橋めぐりも人気。天気の良い日には立山連峰を見渡すことができます。疲れたら古民家を改築したカフェでお茶をしたり、人気のグルメを堪能したりしながら、日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

■アクセス:北陸自動車道「小杉IC」から約20分
※内川散策のために車で来られた方は無料の市営駐車場があります。

映画「人生の約束」のロケ地「番屋カフェ」で地元のおやつを楽しむ

映画「人生の約束」のロケ地「番屋カフェ」で地元のおやつを楽しむ

2016年に公開された映画「人生の約束」で漁師の作業小屋として使われた場所は築100年を超える旧廻船問屋「渡辺邸」の住宅だった建物で、現在はリノベーションされカフェ&ギャラリー「番屋カフェ」となっています。1階のカフェスペースでは、「富山ブラックどらやき」や「かりんとう饅頭」など内川周辺の菓子店の商品から好きなものを選べる「内川まったりセット」をはじめ地元の素材を使ったランチやスイーツを食べることも。また2階スペースは、「人生の約束」「ナラタージュ」などロケ地となった映画の写真や小物が展示してあるギャラリーになっています。

■富山県射水市放生津町17-5
■TEL:0766-75-7477
■定休日:水曜日
■営業時間:9:00〜17:00

1度食べたらやみつきになる「カフェuchikawa六角堂」のサンドウィッチ

1度食べたらやみつきになる「カフェuchikawa六角堂」のサンドウィッチ

築70年の畳屋を改装したお店は、名前と同じ六角形の形をしたおしゃれなお店です。外観は古民家をそのまま生かしているため、カフェだとわからずに通り過ぎてしまう人も多いのだとか。
「カフェuchikawa六角堂」のメインはオーガニックコーヒーと絶品サンドウィッチ。オーナーの明石さんはアレルギー体質だったことから「安心して食事を楽しめるカフェ」として食材を化学調味料や保存料をできるだけ使わないというこだわりをもって料理全般を提供されています。1度食べるとやみつきになるほど美味しいサンドウィッチを求めて連日店内はお客さんでいっぱい。予約をするか、テイクアウトをしてすぐそばの東橋から内川を眺めながら食べるのがおすすめ。
※こちらは大人のカフェとなっていて13歳未満は入店できません。

■富山県射水市八幡町1丁目20-13
■TEL:0766-30-2924
■定休日:月曜日・毎月第一火曜日
■営業時間:ランチタイム11:30〜14:30・カフェタイム14:30〜17:00
■駐車場:専用駐車場あり

もはや観光スポット!「麺処スパロー」のカレー中華を味わう

もはや観光スポット!「麺処スパロー」のカレー中華を味わう

昭和28年創業の麺処スパローの名物といえば、「カレー中華」。たくさんのメニューがあるなか、看板メニューだけあって訪れる人のほとんどは「カレー中華」を頼むそうです。丼からこぼれんばかりに注がれているカレー餡は、煮干しベースのダシに数種類のスパイスで調合したお店オリジナルのカレー粉を混ぜ合わせて作られています。とにかくひと口、またひと口と食べるたびにその独特なカレー餡の不思議な味に箸が止まらなくなりあっという間に食べ終わってしまいます。麺を食べ終わったら白飯をカレー餡の中に入れて食べるのがおすすめ!

■富山県射水市立町4-15
■TEL:0766-82-2592
■定休日:月曜日
■営業時間:11:00〜23:00(L.O. 22:30)
■駐車場:専用駐車場あり

「みなとや製パン」の揚げパンで昭和にタイムスリップ

「みなとや製パン」の揚げパンで昭和にタイムスリップ

内川沿いを離れて少し歩くと昔懐かしい雰囲気の商店街があり、「みなとや製パン」はその一角にひっそりあります。看板は一切出ておらず緑のサンシェードが目じるし。お店の前にはガラスのショーケースに揚げパンや揚げドーナッツが並んでおり1個70円と破格の安さ。通りすがりに見つけてしまうと買わずにはいられません。店内に並ぶパンもほぼ100円代でわざわざ遠方から買いにやってくるお客さんもいるのだとか。パンの味も価格も昭和にタイムスリップしたような気分になれるのでぜひ食べてみて。

■富山県射水市中央町2-31
■TEL:0766-82-2572
■定休日:日・祝
■営業時間:6:00〜18:30

迷ったらまずはここ!「川の駅新湊」で曳山を見学

迷ったらまずはここ!「川の駅新湊」で曳山を見学

川の駅新湊は、レンタサイクルや観光案内コーナーなどがあるのでどこに行こうか迷ったらまずは川の駅新湊を拠点にするのがおすすめ。館内には地元新湊の水産加工品や特産品の販売をはじめソフトクリームや地元のお菓子の販売などがあり、とてもアットホームな雰囲気です。
毎年10月1日に開催される「新湊曳山まつり」の曳山が常設展示してあるので、ぜひ立ち寄って見学してみてくださいね。

■富山県射水市立町1-26
■TEL:0766-30-2552
■定休日:水曜日
■営業時間:9:00〜21:00
■駐車場:専用駐車場あり

大伴家持が愛した奈呉の浦の地「放生津八幡宮」

大伴家持が愛した奈呉の浦の地「放生津八幡宮」

放生津八幡宮は万葉集の代表的歌人、大伴家持が勧請した八幡宮で祭神は「応神天皇」、「仁徳天皇」が祀られています。境内には「あゆの風いたく吹くらし奈呉の海人の釣りする小舟こぎ隠るみゆ」とかかれた大伴家持碑や松尾芭蕉句碑が建っており普段から多くの参拝者が訪れています。
拝殿に安置されている木造の大きな狛犬は宮内庁御用達の天才彫刻家・矢野啓通が19歳のときに作成したといわれており拝殿とともに射水市の文化財に指定。また、毎年10月1日には放生津八幡宮の例大祭である「新湊曳山まつり」がおこなわれ、放生津八幡宮前から出発した県内最多の13基の「曳山」が市内を巡行する様子を見にたくさんの観光客が訪れます。

■富山県射水市八幡町2丁目2-27
■TEL:0766-84-3449

一見の価値あり!専念寺の「傘松」

一見の価値あり!専念寺の「傘松」

専念寺は蓮如上人の弟子、賢祐が創建した浄土真宗の寺院です。このお寺の境内には枝が地を這うように伸びまるで傘を広げたような姿であることから「傘松」と呼ばれている天然記念物があります。木の高さは3.3m、幹回り1.86m、枝張りの広さが16mもあり非常に大きく樹種は赤松と黒松の雑種で突然変異によって傘状になったもので、「からかさ松」とも呼ばれ親しまれています。また、専念寺には県内最古の「銅鐘」があり富山県の文化財に指定されています。

■富山県射水市本町3-6-9
■TEL:0766-84-8066

〜まとめ〜

無料駐車場が点在しているので、車を停めて「内川新湊」をのんびりと歩いて巡ることができます。今回紹介したスポット以外にも見どころがあるのでぜひ1度「日本のベニス」を楽しんでみてください。

(文:みこりん)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語