トップページ >ニュース

投稿日:2023.10.31 Tue

【100年フード】滋味あふれる郷土食。岡山県「くさぎ菜のかけめし」

【100年フード】滋味あふれる郷土食。岡山県「くさぎ菜のかけめし」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

「伝統の100年フード部門〜江戸時代から続く郷土の料理〜」に認定されている、岡山県の「くさぎ菜のかけめし」。

くさぎ菜のかけめしは、岡山県加賀郡吉備中央町にて、かつて猟で獲れた雉や野うさぎを具材にしたり、祭りや結婚式などのハレの日にご馳走として食べられてきた郷土料理。

くさぎ菜とは、山野に自生するクサギ(クマツヅラ科)の若芽を採って乾燥させたもので、葉に特有の臭みがあることから、臭木(クサギ)の和名がついたのだとか。
クサギの葉を食すにはアク抜きや乾燥などの下準備や、水で時間をかけて戻す作業など、とても手間がかかりますが、古くは薬用とされるほど栄養価も高く長期の保存が利くため、寒い冬を迎えるこの地域では、重宝されてきました。

実際にくさぎ菜をおいしく食べる方法として生まれたのが、かけめしです。干して戻したくさぎ菜を小さく切って油で炒め、鶏肉などの具材と共に下味をつけてご飯の上へ。そこに、鶏ガラでとったすまし汁をかけていただきます。

小学校の給食や家庭で食べられ、受け継がれている伝統食ですが、町内の飲食店などでも提供されています。吉備中央町を訪れた際は、この滋味溢れるくさぎ菜のかけめしを味わってみてはいかがでしょう。

【100年フード】ページはこちら https://www.drivenippon.com/foodculture/food-okayama/

【一般社団法人 吉備中央町観光協会】
https://kibichuo-kanko.jp/

Posted by

Drive! NIPPON編集部

Drive! NIPPONは、「クルマでおでかけするすべての大人たちへ」をコンセプトに、日本各地の魅力的な観光関連情報の発信とともに、素敵な「ドライブ」「旅行」「おでかけ」を演出する様々なサービスを提供していきます。

  • X SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE
» language / 言語