星のや京都、桜に包まれる「奥嵐山の花見逗留(とうりゅう)」1泊2日で開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2022年3月25日~4月10日の期間、しだれ桜が美しい「さくらテラス」を貸し切り一日中桜を愛でる滞在プログラム「奥嵐山の花見逗留」を開催します。客室の隣にある「さくらテラス」は参加者のみが入ることができ、風情あるしだれ桜と対岸の小倉山の桜が臨める開放感ある場所です。夕日に照らされる桜を見上げながら抹茶で一服、夜は夜桜を眺めながら特製の光琳膳(こうりんぜん)を食べ、朝はきらきらと朝日に輝く桜の下で朝鍋朝食を食べます。時間帯によってさまざまな表情を見せる桜を、思い思いにくつろぎながら楽しめる1泊2日の滞在プログラムです。

■「奥嵐山の花見逗留」滞在の流れ
<昼>「さくらテラス」でしだれ桜を独り占め気分
「さくらテラス」は客室のすぐ隣にあり、参加者のみが入ることができる場所。テラスの真上には2本のしだれ桜が枝を広げ、周りにはヤマザクラとソメイヨシノ、そしてテラスの向こうには対岸の小倉山の桜も臨むことができます。桜に包み込まれるような「さくらテラス」で思い思いにくつろげるよう、16畳のウッドデッキと4畳の畳敷きのテラスを期間限定で設置。ウッドデッキにはゆったり腰を掛けられるソファがあるので、食事やお酒を楽しみながら花見ができます。また、畳敷きのテラスでは、寝転がって桜を見上げたり木漏れ日の下ゆっくりと読書を楽しんだりできます。

<夕>夕桜の下、和菓子と抹茶で一服
夕日に照らされる桜を眺めながら、抹茶と和菓子を味わいます。和菓子は、創業100余年の老舗和菓子店「有職菓子御調進所(ゆうそくがしごちょうしんじょ)老松(おいまつ)」が同プランのために手掛けた上用饅頭(じょうようまんじゅう)です。「桜川」という名前がつけられており、「さくらテラス」に咲く桜をイメージして白とピンクの生地の中に桜の葉の塩漬けとさくら餡を忍ばせています。抹茶は、京都・宇治の「利招園茶舗(りしょうえんちゃほ)」が星のや京都のために茶葉を厳選し挽いたもので、丹波焼の大雅(たいが)窯を築いた市野雅彦によるモダンなデザインの筒茶碗(つつぢゃわん)でいただきます。筒茶碗は熱が逃げないよう筒形にした底の深い茶碗で、まだ少し肌寒い春先に抹茶を飲んであたたまれるよう用意。目の前に広がる情景を映した和菓子とあたたかな抹茶で、春の風情を味わいます。

<宵>夜桜を眺めながら味わう特製光琳膳
夜には、ライトアップされた夜桜の下で星のや京都の料理長特製の光琳膳を味わいます。江戸時代の絵師・尾形光琳(おがたこうりん)が嵐山での花見の席で金箔の蒔絵を施した光琳笹(こうりんざさ)*に春の食材を盛り付けたことにならい、光琳笹や桜の器を使った華やかな御膳に仕上げています。やわらかな蒸し鮑や筍、稚鮎など滋味豊かな春の食材をふんだんに使い、手元でも華やかに花見を楽しめる御膳です。
* 竹の皮に金箔を施したものを指す。光琳が仲間と共に嵐山へ花見に出かけたとき、彼らは贅を凝らした弁当から山海の珍味を取り出したが、光琳はひとり竹の皮の包みから握り飯を出して食べていた。人々は嘲笑したが、よくみると、竹の皮の裏には金銀を使った精巧驚くべき蒔絵が施されていた。しかも、光琳は食べ終わると、それを惜しげもなく大堰川に捨ててしまったという。

<朝>朝日に輝く桜の下、野菜たっぷりの朝鍋で身体をあたためる
やわらかな朝日に照らされる桜の下で食べるのは、野菜たっぷりの朝鍋朝食。胃の動きを助ける自然の苦みがある菜の花や山菜など旬の野菜を、料理長特製の昆布とかつおの香り高い出汁で食べます。少し肌寒い春先の身体を芯からあたため、滋養をつけることができます。

【「奥嵐山の花見逗留」概要】
期間:2022年3月25日~4月10日
料金:1組35,000円(税・サービス料込)*宿泊料別
含まれるもの:「さくらテラス」貸し切り、光琳膳、朝鍋朝食、和菓子、抹茶
対象:部屋タイプ「山の端メゾネット」宿泊者
定員:1日1組(1~2名)
予約:公式サイト(https://hoshinoya.com/kyoto)にて7日前まで受付
備考:桜の開花状況により、宿泊日に桜が咲いていない場合があります。
状況により、内容が一部変更になる場合があります。
チェックイン当日が雨天の場合、中止します。

【星のや京都】
平安貴族が別邸を構えた京都府・嵐山。渡月橋から船に乗り、大堰川を遡ると現れる水辺の私邸。京都に息づく日本の伝統技法を感じる客室、伝統的な日本料理に軽やかな遊び心を加えた料理、四季の美しい景観と静けさの非日常の世界を楽しめるリゾートです。
住所:京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2
URL:https://hoshinoya.com/kyoto/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語