この秋「日本遺産サミットin小松」開催!荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間【北前船寄港地・船主集落】

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

日本海や瀬戸内海沿岸には、山を風景の一部に取り込む港町が点々とみられます。そこは、港に通じる小路が随所に走り、通りには広大な商家や豪壮な船主屋敷が建っています。また、社寺には奉納された船の絵馬や模型が残り、京など遠方に起源がある祭礼が行われ、節回しの似た民謡が唄われています。これらの港町は、荒波を越え、動く総合商社として巨万の富を生み、各地に繁栄をもたらした北前船の寄港地・船主集落で、時を重ねて彩られた異空間として今も人々を惹きつけてやみません。
<参考URL> https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/stories/story039/

■北前船の里資料館
藩政期から明治中期頃まで瀬戸内、日本海、北海道を舞台に活躍した「北前船」に関するさまざまな資料を展示公開しています。
資料館は明治9(1876)年、橋立の北前船主、酒谷長兵衛により建てられた建物です。
【住所】石川県加賀市橋立町イ乙1-1
【営業時間】9:00~17:00
【HP】https://www.city.kaga.ishikawa.jp/section/kitamae/

■リアル宝探し 北前船の黄金の羅針盤:9月17日(金)より開催!
日本遺産に認定された北前船の歴史文化やストーリーを汲み取って作成した宝探しゲームが、9月17日(金)より加賀市内で始まります。
加賀市橋立地区を周遊しながら宝の地図の謎を解き、隠された宝箱を探し出す、好奇心くすぐる内容となっています。
【場所】石川県加賀市内
【営業時間】9:00~17:00

■日本遺産サミットin小松:11月13日(土)14日(日)開催!
小松市で、全国から104の日本遺産が大集結する「日本遺産サミットin小松」を開催します。当日は小松市各所で、日本遺産のシンポジウムや、全国から出展する公開講座、PR・体験ブースを通して、日本の歴史や文化、伝統を、見て触れて体験できます。
小松市からは、2つのストーリー「『珠玉と歩む物語』小松」と「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間」を発信します。
【開催日程】2021年11月13日(土)14日(日)
【開催場所】
メイン会場:JR小松駅周辺3カ所予定・こまつ芸術劇場うらら・サイエンスヒルズこまつ ・こまつの杜
サテライト会場:「石の文化」の拠点地域・「北前船寄港地」の安宅-など
【HP】 https://www.city.komatsu.lg.jp/soshiki/kankoubunka/ibento_omatsuri/4/12748.html

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語