大分県・別府温泉「星野リゾート 界 別府」6/4開業、予約開始!コンセプトは「ドラマティック温泉街」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

大分県・別府温泉に開業する「星野リゾート 界 別府」は、2021年4月14日に予約を開始します。開業日は2021年6月4日。九州では、大分県・瀬の本温泉の「星野リゾート 界 阿蘇」、鹿児島県・霧島温泉の「星野リゾート 界 霧島」(2021年1月29日開業)に続き3施設目です。
コンセプトは「ドラマティック温泉街」。館内は、和紙のちょうちんが照らす石畳の路地や、温泉街にある土産店、をイメージした空間など、賑やかな別府の温泉街を彷彿させるつくり。また、全ての客室からは眼前に広がる別府湾を望むことができ、時間帯により美しく色が変わる空や海を眺めることができます。時の移ろいにより、客室からの景色や館内にある温泉街の表情が変わる様子を「ドラマティック」と表現。館内にいながら、別府温泉街をそぞろ歩きしているような気分になれる温泉宿です。

日本一の源泉数及び湧出量を誇る別府温泉。界 別府は、明治時代に旧別府港が開港して以降、日本全国から多くの湯治客が訪れた歴史ある北浜地区に位置しています。別府湾の玄関口、旧別府港を中心に温泉街が発展し、夜遅くまで人々で賑わう様子は「不夜城」と例えられてきました。湯治客が賑やかな温泉街をそぞろ歩きする様子を彷彿させるつくりとして、館内に石畳の路地や夜店をイメージした空間を配しました。また、別府温泉の豊富な湯を大浴場や客室露天風呂以外でも体験できるよう、足湯や桶をアレンジして造られた手湯を備えた「湯の広場」もあります。温泉街、湯の広場、客室などこのユニークな設計・デザインは、「」氏に依頼しました。地域の文化や伝統工芸などに触れ、ご当地ならではの魅力を体験してほしい、と考える温泉旅館ブランド「界」。そして、地元に根付く素材を使用し、周囲の環境に溶け込むことで新しい魅力を発信したい、と考える隈氏の理念が一致し、設計されたのが界 別府です。

■星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」とは
「界」は、星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランドです。「王道なのに、あたらしい。」をテーマに、和の趣や伝統を生かしながら現代のニーズに合わせたおもてなしを追求しています。また、その地域の伝統文化や工芸を体験する「」や、地域の文化に触れる客室「ご当地部屋」が特徴です。

【施設概要】
施設名称:星野リゾート 界 別府
所在地:大分県別府市北浜2-14-29
TEL:0570-073-011(界予約センター)
客室数:70室
付帯設備:ロビー、食事処、トラベルライブラリー、ショップ、湯上がり処、庭園、大浴場(男女別、露天風呂各1、内風呂各2)、湯の広場、足湯、手湯 
料金:1泊 31,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料・税込、夕朝食付)
アクセス:JR別府駅より徒歩10分、大分空港より車で約60分
URL:https://kai-ryokan.jp/beppu/
開業日:2021年6月4日    
予約受付開始日:2021年4月14日
URL:https://kai-ryokan.jp/beppu/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語