ツーリズムいすみといすみ鉄道が、関東初となる列車内プラネタリウム・星空観察ツアーを実施!

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

千葉県いすみ市の観光地域づくりを推進する候補DMOの一般社団法人ツーリズムいすみと、いすみ鉄道株式会社は、いすみ鉄道を夜間貸し切りの列車内・屋外星空ツアー「いすみ銀河鉄道」を、20名限定で2021年2月6日(土)実施します。
同ツアーでは、関東の鉄道としては初めて、列車内において高精細プラネタリウム「メガスター」を設置し、走る列車の中でプラネタリウムを楽しんだ後、プロカメラマンも惚れ込んだいすみの美しい星空を、無人駅で実際に観察します。

■プロカメラマンも惚れ込むいすみ市の星空の魅力とは
千葉県南東部に位置するいすみ市では、20年間日本中の星空を撮影してきた星空写真家の草原学氏が、その美しさに惚れ込み、移り住むほどの素晴らしい星空が広がっています。いすみの星空が魅力的な理由としては、(1)いすみ市の東と南は太平洋なので、光の影響を受けることなく、夏の天の川や、冬のダイアモンドが海から昇ってくる様子を見ることができること、(2)いすみは高い山が周りになく、地上付近の低い星たちまでよく見ることができること、(3)星空観察に適した冬において、降雪がほとんどないいすみ市は他の地域と比べても冬でも安心・安全に、美しい星を楽しむことができること、(4)こうした好条件の美しい星空を、東京から70分(特急わかしおを利用)の距離で手軽に体験することができることなど、が挙げられます。

■いすみの星空xいすみ鉄道のコラボレーションによる「いすみ銀河鉄道」
こうした素晴らしい星空と、地域内外に根強いファンを持ついすみ鉄道とを組み合わせ、いすみならではのユニークな観光コンテンツとして地域内外のお客様に楽しんでもらうための実験的な取り組みとして、2021年2月6日(土)に「いすみ銀河鉄道」ツアーを開催します。
同ツアーでは、天の川レジンアクセサリーづくり体験や、無人駅に降り立ち行う冬の星の観察、貸切りで夜間走行するいすみ鉄道列車内でメガスター(究極のパーソナルプラネタリウム)を投影し、列車でまるで銀河を飛んでいるような、列車内でのプラネタリウム体験など、いすみの美しい星空といすみ鉄道とを存分に活用したツアーとなっています。走る列車内でプラネタリウムを上映したツアーは関東でも初めて。なお、初めての取り組みとなる今回は、新型コロナ対策も万全を期して実施するため、20名限定での実施となります。

【いすみ銀河鉄道の概要】 
発車日:2021年2月6日(土)
集合:15:00 国吉駅
解散:20:40 国吉駅
参加人数:20名限定
対象年齢:全年齢、ただしお子さまご参加の場合は足元が非常に暗いため、安全を期して小学校5年生以上からの参加となります。また、18歳未満の方は保護者と一緒に参加していただく必要があります。
参加料金:11,000円(税込)夕食(お弁当)付き(食物アレルギーのある方は、お申し込み時に記載をお願いします)

応募の締切は1月15日(金)です。応募者多数の場合は、抽選になります。抽選結果は1月18日までにメールにてお送りします。

URL:https://isumi-tourism.jp/galaxy-railroad/

■いすみ市について
千葉県の南東部、房総半島の半ばに位置し、温暖な気候と肥沃な耕地に恵まれ四季折々の農作物が豊かに実ります。また、漁業も盛んで大原漁港に水揚げされるイセエビは全国有数の漁獲量を誇り「外房イセエビ」として千葉ブランド水産物に認定されています。気候と景観に恵まれ、美味いものに溢れ、釣りやサーフィンなどのアクティビティもあり、また東京からも70km近く、今、多くの、特に欧米や都心の方々の移住者が集まり、またワーケーションに最適の地と注目を集めています。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語