シブさ、淹れとく?”渋さ”が特徴的な「白川茶」で、”全国のシブイ(かっこいい)”大人たちを応援したい!

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

岐阜県加茂郡白川町にある白川町茶業振興会は、”渋さ”が特徴的な白川茶を通じて、全国の『”シブイ(かっこいい)大人”を応援し、増やしていくこと』を目的とした社会応援プロジェクト「シブさ、淹れとく?」を実施します。白川町茶業振興会では同プロジェクトに共感・賛同する企業・団体・コミュニティ・個人の方に白川茶を提供します。

この取り組みに共感・賛同頂けた方々には、《パートナー》として味わい深い”渋さ”が特徴的な白川茶をご希望数を可能な限り渡します。

”シブイ(かっこいい)”大人を応援する企業・団体・コミュニティの自薦での応募は勿論のこと、個人でのご応募や他薦での応募も可能です。

■例えばこんな人に
【企業・コミュニティへの応援】
・コロナでもリモートワークできない仕事で頑張っている社員に、社長からプレゼント。
・厳しい状況でもお客さんが集まる場所を守り続けている、あのお店の店主さん、スタッフさんに。
・インフラ関連のお仕事などなど社会を支える仕事で頑張っているあの企業に。等々

【個人への応援】
・お仕事でも家庭でも頑張っているお父さん、お母さん、家族に。
・年末年始も休まず頑張っていたあの人に。
・いつまでもかっこいい、尊敬するあの人に。
・インフラ関連のお仕事などなど社会を支える仕事で頑張っているあの人に。等々

「ありがとう!」「かっこいい!」など、日頃思っているけど面と向かっていえない人や団体・コミュニティアに感謝を伝えるきっかけのひとつとして活用ください。

【提供内容・応募方法】
送付内容:
・煎茶・ほうじ茶・いちょう茶(微発酵したお茶)の3つのお茶を1セットにして提供
応募期間:2020年12月24日(木)~2021年1月21日(月)
応募方法:下記URLの応募フォームより、必要事項入力の上応募ください。
https://docs.google.com/forms/d/1iJDY24np78SCp5pt69DaxIWA1BEV88G4yngOhS5BjRM/edit
※他薦の方も同様にご応募ください。
※”シブイ大人”達に出来る限り多くお届けするため『シブさ(かっこよさ)』という点や、他薦の方の想いを元に提供先の選出を行います。また、多数の応募があった場合、更に抽選をする可能性がありますが、可能な限り多くの数量を用意しています。
※応募状況により期間終了を待たず締め切らせて頂く場合があります。
※応募期間終了後、順次発送。
※送料についても同社が負担します。
※応募はおひとり1回限り、重複でのご応募は2回目以降を無効とします。
※転売はご遠慮ください。

■白川茶について
岐阜県の白川町、東白川村で生産される白川茶は味わい深い”渋さ”が特徴的な山のお茶です。生産量としては日本のお茶全体の1%程度しかなく、全国的に知名度のあるお茶ではありませんが、450年以上の歴史があり標高約600mの生育場所もある白川町の名産品です。

飛騨川流域の白川などから立ち上がる朝霧による天然のカーテンと、昼夜の寒暖差が大きい地域特有の厳しい環境の中で育まれることで、特徴的なシブさと、それと調和するうま味と高い香りが生まれます。白川茶茶業振興会は、そんな山のお茶の文化を特徴的な味わい深い渋さとともに伝えていく活動を日々行っています。

■白川町について
白川町は岐阜県の美濃地方にある、人口8000人にも満たない山あいの町。60代以上が人口の半数以上を占め、人口密度は30.6人/平方キロメートル(東京都は1万5,428人/㎦2)という絵に描いたような田舎です。
(白川郷で有名な「大野郡白川村」まではお車で約2時間かかります)
名産品は、今回提供する白川茶のほか、ヒノキの銘木「東農ひのき」や、パイプオルガン。実は人口に対しての100才以上の割合が全国トップクラス。名産品の「白川茶」が生活に根付いているからか、高齢者がとても元気なまちです。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語