「138億光年 宇宙の旅」11/21 (土) から東京都写真美術館にて開催!

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

創立から60年余り、宇宙開発や天体観測に偉大な功績を残してきたNASA―アメリカ航空宇宙局。
同展では、NASAの画像を中心に、観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡等がとらえた美しく驚異的な天体写真を選りすぐって紹介します。太陽系から、銀河系内の星雲や星団、そしてさらにその先にある無数の銀河や銀河団など、多様な天体の姿を大型の高品位銀塩写真プリントでお楽しみください。

また、すばる望遠鏡、アルマ望遠鏡など国立天文台関連の大型望遠鏡による観測成果の一部を美しい画像によりコーナー展示します。
2020年は、同展で紹介するハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げ30周年を迎え、その他にも火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターの打ち上げ15周年など、宇宙科学の記念すべき年となっています。

サイエンスでありながらアートのごとく見る者を魅了する画像の数々。宇宙の謎や神秘を紐解く人間の英知や科学技術発展の素晴らしさを体感してください。

【開催概要】
会期:2020年11月21日(土)~2021年1月24日(日)
会場:東京都写真美術館 地下1階展示室(恵比寿ガーデンプレイス内)
開館時間:10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館、翌平日休館)
年末年始(12月29日(火)から1月1日(金・祝)は休館)
観覧料:一般1,000(800)円/学生800(640)円/中高生・65歳以上600(480)円
※( )内は20名以上の団体、同館の映画観賞券ご提示者、各種カード会員、目黒区在住の方(お住まいの住所が分かるものをチケット販売カウンターにて提示)割引/小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料
※各種割引の併用はできません。
※展覧会は、やむを得ず中止・変更する場合があります。
最新の情報はホームページでご確認ください。
ホームページURL:https://crevis.co.jp/topics/13/

<構成>
1. 太陽系の天体に迫る
惑星探査機や観測衛星による太陽系探査のハイライトを、近年公開された画像を含めて紹介。
土星の大気に突入して20年に及ぶミッションを終えた土星探査機カッシーニ、太陽系最大の惑星である木星の周回軌道に22年ぶりに投入された木星探査機ジュノー、そしてかつての生命活動の痕跡等を探る火星探査車キュリオシティなど、さまざまな探査機や観測衛星がとらえた驚くべき天体の姿を、迫力ある大画面銀塩写真プリントで間近に見ることができます。

2. 銀河系の星雲と銀河宇宙
NASAの宇宙望遠鏡群によって観測された天体画像を中心に、私たちの銀河系から深宇宙まで、ハッブル宇宙望遠鏡の近年公開された画像を含めて紹介。
恒星の誕生や死に関係する美しい星雲や多くの恒星が集団をなす星団、そしてさまざまな形の銀河や銀河の集団である銀河団……。
それらの天体を、可視光や赤外線、X線などでとらえた画像は、宇宙の壮麗さを表現しているばかりでなく、宇宙の起源に思いを馳せる契機をも与えてくれます。

3. 宇宙を探求する目 ―国立天文台の挑戦―
史上初めて撮影されたブラックホールの影、すばる望遠鏡のハイパー・シュプリーム・カム(HSC/超広視野主焦点カメラ)による画像をもとにつくられた「ダークマターの地図」、アルマ望遠鏡がシャープにとらえた「惑星誕生20の現場」など、国立天文台関連の大型望遠鏡による素晴らしい観測成果を紹介。

■「138億光年 宇宙の旅」お問い合わせ: 
株式会社クレヴィス 
TEL:03-6427-2806 

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語