「第三十九回 上野東照宮 春のぼたん祭」4/11(水)から開催!

1980年に日中友好を記念に開苑し、江戸の風情を今に残す上野東照宮のぼたん苑では、2018年4月11日(水)~5月13日(日)の間、110種600株以上が彩る春のぼたん祭を開催します。

期間中は、日本、中国、アメリカ、フランスなど110種600株以上のボタンが咲き誇ります。中には開苑当時から咲き続ける大株や、中国品種と日本品種の自然交配による緑色の花が珍しい『まりも』などもお楽しみいただけます。

■『旧寛永寺 五重塔』をはじめとする本格的な江戸建築とボタンを楽しむ
苑内からは旧寛永寺五重塔を見る事ができる他、3年前のリニューアルで新設された日本庭園が有り、他では味わえない江戸風情の中でボタンを楽しむことができます。

【「上野東照宮 春のぼたん祭」概要】
名称: 第三十九回 上野東照宮 春のぼたん祭
期間: 2018年4月11日(水)~5月13日(日)※期間中無休
開苑時間: 9:00~17:00(入苑締切)
入苑料: 大人(中学生以上)700円、団体(20名以上)600円、小学生以下無料、東照宮社殿共通拝観券1,100円
住所: 〒110-0007 東京都台東区上野公園9-88
TEL: 03-3822-3575(ぼたん苑)
アクセス: JR上野駅 公園口より徒歩5分/京成電鉄京成上野駅 池之端口より徒歩5分/東京メトロ根津駅 2番出口より徒歩10分
URL: http://www.uenotoshogu.com/botan/

まりも
まりも
ジパング
ジパング

黄色の千重咲きの牡丹で上向きに咲く唯一の牡丹。とても上品な香りと共にお楽しみいただけます。

赤胴の輝
赤胴の輝

黄色に桃色がかった橙色の花弁でとても珍しい品種の牡丹です。花弁一枚一枚が際立ち、上向きに咲くのも特徴です。

紫紅殿(しこうでん)
紫紅殿(しこうでん)
黄冠(おうかん)
黄冠(おうかん)

■ボタンと共に咲くお花達
苑内にはボタンの他にシャクナゲ、 シャガや約20品種のシャクヤクなどが随時開花しボタンとの艶やかな共演をお楽しみいただけます。
[シャクナゲ(4月初旬~中旬)][シャクヤク(4月中旬~5月初旬)]

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE