青森ねぶた祭の中止に負けない!「ねぶた共同制作プロジェクト」7/3から青森屋でねぶた制作を開始

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」は、地域と連携する新たな取り組みとして、「ねぶた共同制作プロジェクト」を立ち上げ、敷地内でのねぶた制作を開始します。

2020年4月、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、8月に開催予定だった青森ねぶた祭の中止が決定されました。これにより、運行するはずの大型ねぶたの制作も中止となり、制作途中のねぶたは解体または保管され、ねぶた師は制作機会を失いました。それでもねぶたを作り、人々に元気を届けたいというねぶた師の思いを支援するため、ねぶたの共同制作をすることが決定しました。ねぶたは、悪魔退散をテーマとする題材で、7月3日から制作開始し、9月末完成予定。

青森屋はこれまで、ねぶた師をはじめとする地域の皆様の協力のもと、青森の文化を宿泊者に伝えてきました。このような状況下でも、大切な文化を途切れさせず、地域を元気にしたいという思いから、ねぶた師と企画を相談。毎年ねぶた制作に情熱を注いできた方々が作品制作の場を求めており、ねぶたを作ることが心の支えでもあるという思いを聞き、当プロジェクトが立ち上がりました。制作には、内山龍星氏、立田龍宝氏、北村春一氏の3名のねぶた師が協力します。

■悪魔退散をテーマにしたねぶたを制作
今回制作するねぶたは悪魔退散がテーマ。北方の守り神「毘沙門天(びしゃもんてん)」、疫病退散の守護神ともいわれる「不動明王(ふどうみょうおう)」、そして、疫病除けの神として信仰される「鍾馗(しょうき)」を1台のねぶたで表現します。通常、ねぶた1台で1種類の神をテーマとするため、複数の神を同時に表現するのは稀なことです。
ねぶたの大きさ:
台座の幅2.5m×奥行1.5m×高さ2m予定(ねぶた自体は幅約3m想定)
制作担当:
内山氏-毘沙門天 / 立田氏-不動明王 / 北村氏-鍾馗

■流派を越えた三者合作に注目
内山氏と立田氏は千葉派、北村氏は北川派という流派でねぶた制作をされています。ねぶたの制作過程は同じでも、骨組みの組み方や色付けの手法が異なります。祭りで運行される大型ねぶたは、ねぶた師1人が1台を担当して制作指揮をとるため、ねぶた師の弟子や制作スタッフが手を加えることはあっても、流派を越えて合作することはありません。今回は、青森ねぶた祭が開催されない年だからこそ、特別に流派を越えた三者合作が実現します。

■今後の展望(予定)
ねぶた制作期間中、宿泊者を対象とする見学時間を設けます。骨組み、紙貼り、色付けなど宿泊時期によって異なる過程を見て楽しめます。また、お客様がねぶた制作を実際に体験するワークショップやねぶたについて学べるアクティビティの実施を検討。

<プロジェクトスケジュール>
6月下旬:ねぶたのタイトル決定、下絵完成。
7月3日:ねぶた制作開始。その後、毎週金曜、土曜、日曜に、ねぶた師1名が週替わりで制作。
9月下旬:ねぶた完成予定。完成後のねぶたの活用については未定。

【星野リゾート 青森屋】
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができる。
住所:青森県三沢市字古間木山56 / 客室数 236室
URL:https://noresoreaomoriya.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語