国立科学博物館、100年ぶりに「時」展覧会を開催!

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

国立科学博物館は、2020年6月5日 (金) から2020年7月12日 (日) までの期間、「時の記念日100周年企画展 『時』展覧会2020」を開催します。

6月10日は「時の記念日」です。1920 (大正9) 年5月から7月にかけて、国立科学博物館の前身である東京教育博物館で、当時、時間をあまり気にしていなかった庶民に時間厳守を促すため、時間をテーマにした「時」展覧会が開催されました。この展覧会が大人気になったことがきっかけになり「時の記念日」が誕生しました。

2020年は「時の記念日」100周年にあたります。
本展では、当時を振り返るとともに、今日まで続く日本の時計技術の歩みと「時」に関する最新の研究を紹介し、私たちに身近な「時」について改めて考える機会を提供します。
昔の「時」を学び、現在の「時」を理解し、未来の「時」に想いをはせてみませんか。

【『時』展覧会2020 開催概要】
会場:国立科学博物館 日本館地下1階多目的室、地球館2階常設展示室内
※多目的室会場は、常時入場制限を設けます。
開催期間:2020年6月5日 (金) ~2020年7月12日 (日)
入館料:常設展示入館料のみでご覧いただけます。
入館方法:入館には予約が必要です。来館前に必ず公式ホームページをご覧ください。
休館日:毎週月曜日、6月22日 (月) ~26日 (金) (害虫駆除のためのくん蒸期間)
主催:国立科学博物館、明石市立天文科学館、日本時計協会
協力:情報通信研究機構、カシオ計算機、シチズン時計、セイコーウオッチ、セイコーエプソン、セイコークロック、セイコーミュージアム、リズム時計、日本時間学会、山口大学時間学研究所
資料協力:海上保安庁、国立天文台、郵政博物館
詳細URL:
https://www.kahaku.go.jp/event/2020/05time/

【国立科学博物館 施設概要】
※現在、入館には予約が必要です。来館前に必ず公式ホームページをご覧ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一部の展示やサービスを休止しています。
開館時間:9:00 ~17:00 (入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日、2020年6月22日 (月) ~26日 (金)
入館料:一般・大学生 630円、高校生 (高等専門学校生含む) 以下および65歳以上 無料
所在地:東京都台東区上野公園7-20
問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600
公式ホームページ:
https://www.kahaku.go.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語