貸し切り温泉でリラックス。ドライブ帰りに立ち寄りたい熊本の家族湯5選

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

年末年始のイベントも終わり、ホッとひと息つきたい時期。心と体を癒してくれるものといえば、やっぱり温泉でしょう。熊本には人目を気にせず湯船をまるごと独り占めできる「家族湯」(貸し切り風呂)スタイルの温泉が数多く点在しています。そこで今回は、雰囲気も泉質も抜群、プラスアルファの魅力も楽しめる貸し切り温泉5カ所をご紹介します。

本格的な食事処も楽しみたい「温泉邸 湯〜庵(ゆ〜あん)」

本格的な食事処も楽しみたい「温泉邸 湯〜庵(ゆ〜あん)」

静かな田園風景の中にとけ込む、数奇屋造り風の建物。トルマリン石と天然石の浴槽2つが付いた「三日月の湯」(画像)など、いずれも趣向の異なる全17タイプの貸切り風呂が揃います。泉質は疲労回復や健康増進はもちろんさまざまなケガや病気にも良いとされ、完全入れ替えの新しい湯で一番風呂を満喫。2階には食事処があり、ランチから本格的なおまかせコース(要予約)まで昼夜ともに充実した品揃え。お風呂とあわせて寛ぎのひとときを過ごせるのも魅力です。

■住所:熊本県熊本市北区植木町亀甲1526−1
■TEL: 096-275-1677

13室13色。コンセプトが冴える「湯亭 上弦の月」

13室13色。コンセプトが冴える「湯亭 上弦の月」

妖艶な朱色が目を引く外観は「遊郭」をイメージ。おとぎ話・分福茶釜に登場するタヌキを表現した「藍鉄の湯」(画像)、部屋に6つのひょうたんが隠れた「紅緋の湯」(トップ画像)などコンセプトにこだわった貸切り湯13室いずれも内湯と露天付きです。強アルカリ泉の美肌の湯とともにバラエティー豊かな湯船を満喫しましょう。近くには二八そばをメインにした食事が楽しめる姉妹店「旬彩SOBA 常次郎庵」もあり、モダンな創作そばやコース料理が味わえます。

■住所:熊本県玉名郡和水町大田黒310-1
■TEL: 0968-42-4126

コバルトブルーの海と緑が織りなす絶景「藍望(あいぼう)の湯」

コバルトブルーの海と緑が織りなす絶景「藍望(あいぼう)の湯」

海沿いのスパリゾートホテル「ホテルアレグリアガーデンズ天草」の敷地に併設する天然温泉施設「ペルラの湯舟」。大浴場のほかに5種の貸切り風呂「藍望の湯」があり、広々とした浴室で趣の異なる湯船を楽しむことができます。樹々の先に広がる紺碧の海、コバルトブルーとグリーンが織りなすコントラストを眺めながら体も心もリフレッシュ。オールハンドによるオイルリンパマッサージ(TEL 0969-23-2626、要予約)と併せて利用すれば、さらなる癒し&美肌効果が期待できそう。

■住所:熊本県天草市本渡町広瀬996
■TEL: 0969-24-2626

高級旅館さながらのプレミアム体験「岳の湯・地獄谷温泉 裕花(ゆうか)」

高級旅館さながらのプレミアム体験「岳の湯・地獄谷温泉 裕花(ゆうか)」

小国町の涌蓋(わいた)山山麓に広がる、わいた温泉郷にある温泉施設。家族風呂は全棟離れになっており、別荘感覚で温泉を満喫できます。湯船は切り石、岩、ひのき、桶の4種あり、源泉掛け流しの新鮮な温泉をお客さまごとに入れ替え。真新しいお湯に浸かって気分良くリラックスできますよ。肌にしっとりと優しい温泉は、美肌の素・メタケイ酸が多く含まれているのも特徴。高級旅館を思わせるワンランク上のプレミアム貸切り温泉(画像)もあり、非日常の贅沢な時間を味わうことができます。敷地内には温泉の蒸気を利用した蒸し釜があり、卵や野菜を蒸して味わう楽しみも。

■住所:熊本県阿蘇郡小国町北里1800-33
■TEL: 0967-46-4935

乳白色の湯と絶景、24時間利用できる「はげの湯温泉 豊礼(ほうれい)の湯」

乳白色の湯と絶景、24時間利用できる「はげの湯温泉 豊礼(ほうれい)の湯」

小高い丘の上にあり、涌蓋(わいた)山の壮大な山々を見渡せる眺望とホワイトブルーに輝く乳白色の温泉が人気の露天風呂。ヒノキや岩風呂があり、うち6室は24時間営業。毎回新しい温泉に入れ替わるので、源泉かけ流しの湯を贅沢に堪能できます。サラサラとした肌触りの湯は美人の湯として愛され、神経痛、筋肉痛、アトピーなどにも効果が期待できるそう。

■住所:熊本県阿蘇郡小国町西里2917
■TEL:0967-46-5525

〜まとめ〜

寒さが本格化するこの時期は外出がおっくうになりがちですが、ドライブ帰りに家族湯で冷えた体を温めれば、気分もホクホク。家族や恋人、友人同士、もちろん一人でも!贅沢な癒しのひとときを過ごしましょう。

(文:三角由美子)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語