トップページ >ニュース

投稿日:2022.05.28 Sat

青森「道の駅奥入瀬ろまんパーク」、2施設が5/29 (日) に同時リニューアルオープン

青森「道の駅奥入瀬ろまんパーク」、2施設が5/29 (日) に同時リニューアルオープン

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

株式会社A-WORLDは、道の駅奥入瀬ろまんパーク(青森県十和田市)内の旧奥入瀬麦酒館及び旧味蕾館について、十和田市の民営化方針(令和2年10月9日)を受け、令和4年4月1日から民間事業者として運営を開始し、リニューアルに向けて既存施設のリニューアルを進めてきました。

5月29日(日)に、旧奥入瀬麦酒館を「OIRASE BEER Brewery & Restaurant」として、旧味蕾館を「あら、りんご。青森ファクトリーショップ」として、それぞれリニューアルオープンします。
また、オープン当日は、十和田市主催によるオープニングセレモニーが開催されます。

■OIRASE BEER Brewery & Restaurantの特徴
<OIRASE Brewery>
自然をそばに感じるクラフトビール。長い年月をかけて湧き出す八甲田の伏流水(奥入瀬の源流水)を使用し、販売開始以来、四半世紀に渡って愛される「奥入瀬ビール」を製造しています。
4月1日にラベルを一新して販売を開始しました。今後は、サマーエールや青森県産米「青天の霹靂」を使用した季節限定ビールの製造・販売も予定。

<Restaurant>
青森県食材を使った石窯ピザや十和田市特産のガーリックポークを使った肉料理など、奥入瀬ビールと一緒に楽しめる奥入瀬ブルワリー直営レストランです。津軽金山焼の職人による手作りの石窯、下北産ヒバの7mもの巨大一枚板を使ったカウンターテーブル、ツリーハウスをイメージした2階建て大型遊具客席など、既存施設をリノベーションしながら、ファミリーで楽しめる空間が用意されています。

■あら、りんご。青森ファクトリーショップの特徴
青森りんごの専門店「あら、りんご。」は、青森りんごの魅力や可能性をお伝えする専門店ブランドとして2019年5月に神戸で生まれました。
青森ファクトリーショップは、りんごの下ごしらえや焼菓子の製造(ファクトリー)を行う「あら、りんご。」のブランド拠点となります。ショップ・カフェ・クッキングスタジオを併設し、りんごの樹に見立てたりんご箱ディスプレイやりんご農家の軽トラもオシャレにデコレーション。五感で楽しめる、ライブ感のある「あら、りんご。」初の複合店舗です。

【 道の駅奥入瀬ろまんパーク】
http://www.oirase.or.jp/roman/roman.htm

Posted by

Drive! NIPPON編集部

Drive! NIPPONは、「クルマでおでかけするすべての大人たちへ」をコンセプトに、日本各地の魅力的な観光関連情報の発信とともに、素敵な「ドライブ」「旅行」「おでかけ」を演出する様々なサービスを提供していきます。

  • X SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE
» language / 言語