兵庫県加古川市、花の寺・円照寺の「スズラン」が満開。境内に咲き誇る約1万本のスズランが見頃

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

兵庫県加古川市の北西部に位置する、花の寺「円照寺(えんしょうじ)」の境内には、アジサイ、クリスマスローズ、ボタンなど、多くの花が群生しており、それぞれの花の開花時期には、華やかな景色を求めて多くの来場者でにぎわいます。4月下旬から5月上旬にかけて、約1万本のスズランが群生し、小さなベル型の花が境内一面に咲き誇ります。

■毎年5月1日は「スズランの日」~大切な人 へスズランを贈る ~
フランスでは、スズランの日である5月1日に、恋人や日ごろからお世話になっている方々へスズランの花を贈る習慣があるそうです。そして、スズランをもらった人には「幸運が訪れる」といわれています。円照寺では例年、4月下旬から5月上旬に開花するため、スズランの日に合わせて、境内のスズランも見頃を迎えます。

【花の寺 ・円照寺について 】
花の寺として知られ、3月から11月にかけてアジサイ・ユキヤナギ・スズランなどの花が咲き乱れます。
1441年開基。旧本堂が老朽化したため、約20年前に現在の土地に移転してきました。現在の住職は13代目。いわゆる古刹・名刹と呼ばれるお寺ではありませんが、聖人の教えを大切にしながら、訪れる方にとって心が安らぐ、生きる元気が出るお寺にしたいと現在の住職が花の管理をしています。

■豊臣秀吉の陣鐘
境内の梵鐘は、豊臣秀吉が中国平定の戦いで、山口県の上野八幡宮の鐘を陣鐘として使い、帰京の際にこの地に置いていったものといわれています。「周防国富田保 上野八幡宮 明応七年・・・」の銘が刻まれており、市指定文化財となっています。

■本堂の天井
本堂の天井には鮮やかなピンク色の照明が採用されています。花の寺にちなんで、ハスの花を象徴しています。

【施設概要】
住所:兵庫県加古川市志方町広尾1029
TEL:079-452-2067
公式HP:http://kakogawa-enshouji.com/index.html

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語