青森屋、絶景花見露天「桜灯りの湯」実施!和紙の桜と水面の津軽びいどろが幻想的な世界を演出

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」では、2022年4月1日~5月31日の期間、和紙の桜と津軽びいどろの浮玉が幻想的な絶景花見露天「桜灯りの湯」を実施します。
露天風呂「浮湯」の周りの池に立つのは、ねぶたの技法を使って作られた満開の一本桜。また、水面に浮かぶ伝統工芸品「津軽びいどろ」の浮玉が花いかだを連想させます。夜はライトアップされ、より一層、幻想的な景色を眺めながら花見露天を堪能できます。

青森屋の露天風呂「浮湯」は、青森の美しい緑と水を表現して造られました。青森県は、弘前(ひろさき)城の桜、白神山地の木々、奥入瀬(おいらせ)渓流の紅葉、八甲田山の樹氷が代表するように、四季の景色が美しい場所です。特に桜が満開になる春は、厳しい冬を乗り越えたことを意味し、青森の人々にとって特別な喜びがある季節です。青森の自然を表現した露天風呂で桜を眺め、春の訪れを喜ぶ青森の人々の気持ちを体感してください。

■ねぶたの技法で作り上げる満開の一本桜
実施期間中、毎日満開の桜を実現するために、和紙と針金を用いたねぶたの技法を使って桜を制作。ねぶたは、顔のパーツや指、爪の細かい部分にいたるまで針金で造形します。この技術を活かし、花びら1枚1枚を針金と和紙で形作り、一輪の花にし、枝に付けています。お湯に浸かりながら桜の細部まで目を凝らすと、青森の人々が受け継いできたねぶたの技術を感じられます。

■水面を桜色に彩る伝統工芸品「津軽びいどろ」の浮玉
津軽びいどろは、漁業用の浮玉製造を歴史に持つガラス工芸品です。お湯に浸かったとき、一番視点が近い池の水面を眺めても春を連想できるように、桜をイメージした色合いの浮玉を製作。日中は水に浮かぶ様子が花いかだのように見え、夜は浮玉の灯りが水面に反射し、夜桜の景色をより一層引き立てます。

<浮玉製造技術の伝承>
津軽びいどろを生産する工場は、かつて漁業用のガラス製浮玉で国内トップシェアを誇った歴史があります。宙吹き(ちゅうぶき)という空気を吹き込む技法で、約30cmもの大きさに膨らませるには熟練した技術が必要です。現在はプラスチック製の浮玉が主流になり、ガラスで製造する機会が少なく、津軽びいどろの工場でも浮玉製造の技術を持つのは2名の職人のみ。今回使用する100個以上の浮玉製造は、ベテラン職人2名から若手職人2名へと技術が伝承される機会となりました。
津軽びいどろ公式ホームページ:https://tsugaruvidro.jp/

【「桜灯りの湯」概要】
期間:2022年4月1日~5月31日
時間:5:00~12:00、13:00~24:00(ライトアップ時間:18:00~24:00)
場所:露天風呂「浮湯」
対象:宿泊者
源泉:古牧温泉
泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え症、疲労回復、健康増進等
浴槽数:男女各内湯2、外湯1
備考:天候により中止になる場合があります。

【星野リゾート 青森屋】
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森 ~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。
住所:青森県三沢市字古間木山56
URL:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語