奈良県大和郡山市の逸品。いちじくワイン「無花果の一滴」 2/26発売解禁

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

金魚の生産量日本一の大和郡山市が誇る名産品である、いちじくワイン「無花果の一滴(いちじくのいってき)」が今年も発売されます。

昔から、不老長寿の果物として知られるいちじくは、大和郡山市の特産品です。この人気の大和郡山市産いちじくを100%使用して醸造した果実酒が「いちじくワイン」です。

奈良県大和郡山市は、金魚の生産量が日本一で、金魚養殖以外にもイチゴやトマト、丸ナス、いちじくなどの豊富な農産物を出荷する多様な魅力を持つ城下町です。
奈良県内最大のいちじく産地としての魅力発信と新たな名産品づくりを地方創生の一環として取り組むべく「大和郡山市いちじくワイン協議会」が令和元年から発足し、「いちじくワイン~無花果の一滴~」を消費者にお届けして今年で3年目を迎えます。

ブドウを原料にしたワインは数あれど、いちじくを原料に本格的な醸造工程を経て作られた非常にレア。ほどよい甘さとさっぱりとした風味が人気の大和郡山産「いちじく」を原料とする「いちじくワイン」は、 淡いピンクの色合いと芳醇で上品な香りと言ったワイン自体の魅力に加えて、 関西文化芸術高校の高校生がデザインしたラベルもお洒落です。 フルーティなワインを是非お試しください。

【商品概要】
・いちじくワイン「無花果の一滴」
アルコール度数:10.5度
価格:720ml瓶 1,760円(税込み)、360ml瓶 1,045円(税込み)

・いちじくワイン「無花果の一滴」スパークリング
アルコール度数:12度
価格:750ml瓶 2,750円(税込み)

企画: 
大和郡山市いちじくワイン協議会
※大和郡山市、大和郡山市商工会、(一社)大和郡山市観光協会、JAならけん郡山・生駒地区統括部、奈良県北部農業振興事務所の5団体で構成
※販売店など詳細は、大和郡山市のホームページをご覧ください。 ↓
https://www.city.yamatokoriyama.lg.jp/soshiki/nogyosuisanka/shinotorikumi/6/9377.html

製造:飛鳥ワイン株式会社(大阪府羽曳野市飛鳥1104)

■大和郡山市といちじく
アラビア南部が原産といわれる「いちじく」は花を咲かせずに実がなるように見えることから「無果花」とも書かれる果物です。日本には安土桃山時代にポルトガルから伝来したと言われており、高温多湿な気候が栽培に適していることから、西日本を中心に産地が分布しています。

大和郡山市におけるいちじく栽培は、大正15年から栽培の歴史があり、当時盛んであった養鶏業から出る鶏糞を肥料として活用することで栽培が広まりました。いちじくは化学肥料に弱く、鶏糞は肥料として適していたため、大和郡山の水はけのよい土地柄とも相まって生産量が増加しました。生産量は、全国7位の生産地である奈良県の出荷量の約9割、約450トンで、生産面積は、約23haです。市内には5出荷組合、約50名の生産者がおり、主に生食用を大阪都市圏に出荷をしていますが、近年は、生産地としてのブランド化と加工販売等の用途の多様化が課題となっています。

■いちじくを使った名産ワインづくり
産地としての魅力創出と発信のため、地域の定番のお土産物として構想されたのが、地元産いちじくを100%使用したワインの醸造です。市、市商工会、市観光協会、JAならけん生駒・郡山統括部、奈良県北部農業振興事務所の関係者の発意により、令和元年11月に「大和郡山市いちじくワイン協議会」が発足し、JAならけんのOBを中心に原料となるいちじくの選定と確保、ワインの醸造所の発掘と製造販売についての交渉が進められました。
「いちじくワイン」そのものは、いちじくの産地を中心に全国的に先行事例が数件ありますが、大和郡山市がこだわった点は、品質の良い原料をふんだんに使用することで、口当たりに果実の豊潤な香りを引き出すというところにありました。
いちじくは、ぶどうより水溶性の食物繊維であるペクチンが多いため、いちじくワインは通常のワインのように長期間寝かせて味や香りの変化を楽しむということにはなじみませんが、半年以上の試行錯誤の結果、いちじくそのものに由来する淡く透き通ったピンクの色彩と上品な甘い香りが楽しめる果実醸造酒がついに完成しました。
完成した「いちじくワイン」の商品化に当たっては、いちじくの特徴とワインの色彩や味わいのイメージに合うようなラベルのデザインを市や商工会、観光協会の連携協定先である関西文化芸術高校の校内公募で作成して貰いました。
高校生が瑞々しい感性でラベルをデザインしたということも話題となり、令和2年2月下旬の発売開始から市内の小売酒販店を中心に約1800本(原材料となる「いちじく」1トン分)が、2カ月足らずの4月上旬に売り切れとなりました。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語