漁師が漁業のリアルを伝える「船上ライブコマース」を開始。消費者参加型の「疑似せり体験」や魚介類の直送を実現

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ(ポケマル)」を運営する株式会社ポケットマルシェ(岩手県花巻市)は、秋田県の漁師が船上から漁業のリアルを伝えるライブコマース「ポケマルライブ in 日本海」を行います。漁の様子の中継や、 視聴者参加型の「疑似せり体験」を通じて、一次産業や生産物の価値向上を目指します。

同取り組みは、秋田県の漁師による提案から生まれました。漁業の現場には、漁師に価格決定権がない中で魚価が低迷しているという課題があります。そのような中、消費者に漁業のリアルを伝え、その価値について考えてもらうきっかけを作ろうと、秋田県の漁師が「ポケットマルシェ」の仕組みを活用した「船上ライブコマース」を考案。漁師からの提案により、漁業者の産直EC活用支援に力を入れている秋田県庁が補助金を支給し、このライブコマースの開催が決定しました。同社は、漁師による提案内容を実現すべく、ライブコマースの企画・運営を推進しています。

秋田県の漁師が、 漁の様子を船上からライブ配信し、獲れた魚介類をライブコマース形式にてリアルタイムで紹介・販売します。ライブコマース内では、視聴者が参加できるコンテンツ「疑似せり体験」も用意し、視聴者との直接のコミュニケーションの中で、漁業の現場のリアルを伝えます。

■ 船上ライブコマースの特徴
・家にいながら、漁のリアルな現場を視聴することができる
・ライブコマースのチャット機能を活用して、視聴者が食材の価格を考える「疑似せり体験」ができる
・ライブ配信中に「ポケットマルシェ」を通じて購入した魚介類は、最速で漁の24時間後に自宅にて受け取れる(※配送先が関東圏の場合)

【実施詳細】
名称:ポケマルライブ in 日本海
出演生産者:
・山本 太志さん(秋田県山本郡八峰町) https://poke-m.com/producers/83
・佐藤 正勝さん(秋田県にかほ市) https://poke-m.com/producers/59013
実施予定日時:
・山本さん 2022年2月20日(日)13:00~14:00(予備日 2月27日(日))
・佐藤さん 2022年3月6日(日)13:00~14:00(予備日 3月13日(日))
※海の状況により、予定日に実施できない場合があります。その場合、予備日での実施を検討します。
実施方法:
「ポケットマルシェ」公式Facebook、YouTube、Twitterによる同時配信
<Facebook> https://www.facebook.com/pocketmarchejp/
<YouTube> https://www.youtube.com/channel/UCcHTWckyqpyD5f8sBvIUItw
<Twitter> https://twitter.com/pocket_marche
参加方法:上記URLのいずれかにアクセス
参加費:無料
各回の販売数:限定20セット

■ポケットマルシェについて
ポケットマルシェ( https://poke-m.com/ )は、全国の農家・漁師から、直接やりとりをしながら旬の食べ物を買うことができるプラットフォーム。提供は2016年9月。現在、約6,500名(2022年2月時点)の農家・漁師が登録し、約16,000品の食べ物の出品と、その裏側にあるストーリーが提供されている。新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに食への関心が高まり、ユーザ数は約9.2倍、注文数はピーク時に約20倍となり、約48万人の消費者が「生産者とつながる食」を楽しむ。
URL: https://www.pocket-marche.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語