岡山「やまこうファーム」が『国産コーヒー』の初収穫に成功。本州で日本国産のコーヒー栽培が可能に

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

やまこうファーム株式会社(岡山県岡山市)が、自社の温室ハウス内で国産コーヒーの栽培に成功し、初収穫しました。今年度は2022年2月頃まで収穫ができる見込みです。この収穫の成功に伴い、新規にコーヒー農園を開設したいコーヒー農園オーナーの募集と栽培のサポートを行う”JAPAN COFFEE PROJECT(ジャパン・コーヒー・プロジェクト)” をより活発に行なっていきます。

■やまこうファームの国産コーヒー誕生の背景(やまこうファーム株式会社 代表:山本 耕祐)
約10年前より熱帯植物の栽培を始めましたが、栽培方法がわからず4~5年間はいい果物が作れず何度も失敗の繰り返しでした。その後、パパイヤ・バナナの栽培に成功し、次に長年の夢であったコーヒー苗が国内でようやく栽培可能になりました。ここ数年、試験栽培を行い日本国内で栽培ができ大変美味しい苦みのないコーヒー豆ができました。この豆を日本国内で栽培し、特産品として全国で販売していきたいと思います。将来的には、全世界の人々にこの国産コーヒーを飲んでいただきたいと考えております。

■やまこうファームのコーヒー栽培の3つの特徴
同社の栽培ノウハウの提供により、本州を中心とした日本全国で各地でコーヒー栽培成功の可能性が高まります。誰もがコーヒー農園のオーナーに。
これまで輸入に頼っていたコーヒーですが、国内生産が可能になり、高価格で取引される希少価値が高い高品質の品種も栽培も可能になりました。

■コーヒー栽培の展望。持続可能な農業へ
<輸入に頼っていたコーヒーが、国内生産も可能に>
日本のコーヒーの消費量は世界でも上位に入りますが、その99%が輸入品です。同社の掲げる”JAPAN COFFEE PROJECT(ジャパン・コーヒー・プロジェクト)” が進むことで、国産のコーヒーを一般消費者に届けることができるようになります。

<太陽光(ソーラー)発電とコーヒー農園の組み合わせ経営の普及>
コーヒーの木は長時間の直射日光の照射を嫌う植物ですが、ソーラーパネルの設置による遮光とコーヒー栽培との相性が良く、また、蓄電によってより持続が可能になる農業の取り組みとして注目を集めつつあります。

<地方都市の新たな産業として>
同社には、国産コーヒーの栽培に価値を見出す都心のビジネスパーソンも地方移住し、栽培やIT担当のスタッフとして働いています。コーヒー農園経営は、新たな産業の創出や人材の確保に繋がり得るビジネスとして期待をされています。

■コーヒー農園のオーナー募集中!コーヒー農園のオーナーになりませんか。
やまこうファームでは長年培ってきた熱帯植物の栽培ノウハウで、難しいといわれる高品質の品種の栽培も可能になりました。希少価値の高い国産コーヒー豆の生産は、将来性のある農業と考えています。
お申し込み方法:詳細はホームページを確認ください。

【JAPAN COFFEE PROJECT】
事業内容:コーヒー苗の販売、コーヒー栽培コンサルティング、果樹の栽培、農園営トータルサポート、コーヒー関連事業
URL: https://www.yamakoufarm.co.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語