京王百草園で毎年好評の「ロウバイ」の花が1月下旬頃まで見ごろ

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

京王電鉄株式会社が運営・管理する日本庭園「京王百草園」(東京都日野市百草560)では、毎年好評の約60本のロウバイが開花、見ごろを迎え甘く芳しい香りを漂わせています。

蝋細工のようなつややかな花びら(1.5〜2cm)は、冬の青空の下で一層映えています。 その他、濃紅色の早咲き梅も少しずつ開花を始め、上品な香りが特徴のニホンスイセンは見ごろを迎えています。なお寒い日が続き、地中からすいあげた水分が凍り、氷の華となったシモバシラも朝方の時間帯を中心に例年よりも多数見ることができます。

■ロウバイについて
ロウバイ科の落葉低木で、高さは2~5m、中国が原産。あロウバイ科の落葉低木で、高さは2~5m、中国が原産。日本には後水尾天皇の時代(在位1611〜1629年)に渡来したといわれる。和名の由来は漢名「蝋梅」の音読みによる。蝋梅の名は、花弁の色が蜜蝋の色に似ているのでつけられた。他に臘月(ろうげつ)、すなわち陰暦の12月に咲く、梅に似た花の意だという異説もある。

※開花状況については、京王百草園にお問い合わせください。

【京王百草園 施設概要】
開園時間:9:00~17:00
交通:京王線百草園駅下車徒歩10分、または聖蹟桜ヶ丘駅・高幡不動駅からタクシー10分
※京王線新宿駅から約35分(特急・準特急利用、府中駅乗り換え)
※駐車場がありませんので、電車をご利用ください。
※ペットの入園はお断りしています。
入園料:大人300円、小人100円
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)
TEL:042-591-3478(9:00〜17:00)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語