大宮エリーによる初の巨大立体アート作品が、大阪・梅田に登場!座れる 触れる 遊べるアート「お花の妖精 フラワーマン」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

大宮エリーの新作となる、巨大立体アート作品「お花の妖精 フラワーマン」 が、 2021年11月12日(金)より2022年3月14日(月)まで、大阪・梅田のうめきた外庭SQUAREに登場します。
大宮エリーの最新作となる「お花の妖精 フラワーマン」 は、コロナ禍で経済も精神面も疲弊してきている日々に、人と繋がり、遊び心を取り戻すことで笑顔になってほしいという自身の想いから、こどももおとなも自由に遊べる、憩えるアートとして誕生しました。全長6.5m、高さ4mに及ぶ作品は、大宮エリーにとって、初めての大規模立体作品となります。

地球からにょきっと現れた、 お花の妖精フラワーマン。
みんなを癒しに顔をだしたよ。
何を話したくて現れたんだと思う?
お花のつぶやき、木々のおしゃべり、草の歌が
きみには聞こえるかな?
フラワーマンの中にはいって、フラワーマンの背中から
肩から腕へ、滑って降りることができるよ。
大人も童心に帰ってOK!
手のひらに、親御さんは座って待っていることもできますよ。

【「お花の妖精 フラワーマン」】
場所:うめきた外庭SQUARE(大阪府大阪市北区中津5丁目2)
期間:2021年11月12日(金)~2022年3月14日(月)
入場料:無料
作家:大宮エリー
作品サイズ:全長6.5m、高さ4m
素材:アクリル/FRP(繊維強化プラスチック)
制作年:2021年

<大宮エリー>
1975年大阪生まれ、東京大学薬学部卒業。活動は、映画、舞台、ラジオ、広告、作詞など、多岐にわたる。
美術活動としては、2012年より来場者が参加して作品が完成する体験型の個展を渋谷PARCO、せんだいメディアテークなどで開催。同年、ベネッセ福武總一郎氏のモンブラン国際賞授賞式にて上野で行なったライブペインティング 「お祝いの調べ:直島」 をきっかけに、本格的に絵画制作をはじめ、2015年に個展 「emotional journey」(代官山ヒルサイドギャラリー)や個展 「Painting dreams」(渋谷ヒカリエ 8/CUBE)を開催。
2016年の十和田市現代美術館にて開催された個展 「シンシアリー・ユアーズ 親愛なるあなたの大宮エリーより」 では、プロジェクト「大宮エリーの商店街美術館」で美術館を越えて十和田市内の商店街にも「虹のアーケード」などの作品を展開し、大きな話題を呼んだ。また、十和田市の水力発電所の壁画制作も行い、これが初のパブリックアート作品となる。
2017年4月には、福井の金津創作の森で個展を開催。
2018年道後オンセナート、六甲ミーツアートにアーティストとして参加。
2019年は、ミラノ、香港、パリにて個展開催。また、奄美大島のこども図書館の壁画制作や、妹島和世氏による犬島の家プロジェクトでも、くらしの植物園の貯水タンクなどの壁画の制作も行う。
2020年は、森美術館ADギャラリーにて個展、六本木ミッドタウン伊勢丹サローネにて個展 「my favorite resort」 を開催。
2021年は、渋谷西武にて巨大ウィンドーと個展 「new world for you!」 を発表。新しい活動として、震災から構想9年、どんな時代も生き抜くためのクリエイティブマッスルを鍛える学校 「エリー学園」 を2020年よりオンラインで立ち上げる。2021年には、こどものためのアートとことばの学校「こどもエリー学園」を開講。塾や学校では教わらない想像力と思いやる力を培う場を作り、こどもたちに直接指導している。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語