2024年、富山県の “新たな観光ルート” がいよいよ一般開放!新ルートの名称を10/31まで大募集中

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

富山県内随一の観光名所である「立山黒部アルペンルート」と「黒部峡谷鉄道」の2か所をつなぐ新たな観光ルートが2024年(予定)に一般開放されます。それに伴い、富山県では「(通称)黒部ルート」と呼ばれている、新ルートの新たな名称を募集しています。(※)関西電力(株)主催の「公募見学会」を除く。

■「(通称)黒部ルート」とは?
日本一深いV字峡・黒部峡谷を走る「黒部峡谷鉄道」の終着点「欅平(けやきだいら)駅」から、立山黒部アルペンルートに接続する「黒部ダム」までの約18kmにわたる鉄道路線。これまでは、黒部ダム等の発電施設の保守、管理のために関係者のみが利用するものでした。(※)2024年、このルートが一般開放され、黒部峡谷鉄道と立山黒部アルペンルートが結ばれるだけでなく、“秘境”と 呼ばれる黒部奥山の雄大な自然と人類の英知を結集した電源開発の歴史を体験できる、希少性の高い新たな名所になるとして注目されています。
(※)関西電力(株)主催の「公募見学会」を除く

【新ルートの名称募集】
応募締切:10月31日(日)
応募資格:どなたでも応募できます。 (お一人様一点限り)
応募方法:WEBサイトまたは郵便はがき・FAXいずれかにて、名称案を次の1),2),3)から一つ選んで、応募ください。

1)2、3以外の名称で自由記述(由来・コンセプトも記載)

2)「宇奈月黒部キャニオンルート」
→ キャニオンは英語で、 意味は「峡谷」。黒部峡谷の地底を通ることをイメージ。宇奈月を拠点として黒部ダムに至る電源開発のルートであることから、「宇奈月→黒部」の順に表記しています。

3)「黒部宇奈月ヒストリアルート」
→ ヒストリアはラテン語で、意味は「史書」。電源開発の歴史をイメージ。新ルートの認知度向上を図るのを一番に、全国的に高い知名度を誇る「黒部」を先に「黒部→宇奈月」の順に表記しています。

賞品:
採用された名称の応募者から抽選
・新ルートの無料招待券 ペア3組6名様 (副賞 旅行券10万円分)

全応募者から抽選(5,000円相当/各10名様)
・富山県産品を選べる「トヤマカード」
・「黒部宇奈月カレーセット」(黒部市提供)

発表時期:2022年1月頃

※新ルート名称の投票&新規応募について詳細は公式HPを確認ください。
URL:https://unazuki-kurobedam-route.jp/routename-boshu/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント
友だち追加

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語