牛窓オリーブ園で、今年も早摘みオリーブの収穫が始まりました。

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

日本オリーブ株式会社(岡山県)は、自社農園「牛窓オリーブ園」でのオリーブオイル用の果実の収穫を10月1日から開始しました。

オリーブオイルは、果実から得られる生のジュースのようなものと例えられます。それだけに果実の状態がストレートに品質に反映されやすく、収穫は品質に大きく影響を与えます。
そもそもオリーブの実は、緑色から、だんだんと赤みを帯びて、紫、さらに黒い色に熟し、おおむね熟せば熟すほど油分は多くなりますが、近年、世界的な傾向として、高品質のエキストラバージンオリーブオイルを得るために、緑の若い実を収穫する「早摘み」へとトレンドが移っています。

【牛窓オリーブ園の収穫スケジュール】
・10月上旬頃 エキストラバージンオリーブオイル うしまどスペリオル用
・10月上旬~11月初旬頃 エキストラバージンオリーブオイル うしまど用
品種や熟度、天候を見極めて収穫を行っているため若干前後します。
(浅漬用のマンザニロ種は9月下旬頃に収穫)

エキストラバージンオリーブオイル うしまど用の11月初旬の収穫もいわゆる「早摘み」に該当するレベルですが、10月上旬のエキストラバージンオリーブオイル うしまどスペリオル用の収穫では<外皮が濃緑色で成熟指数が0に限りなく近いもの>が厳選されます。

早摘みのメリットは、「若々しくスパイシーで、すっきりフレッシュな風味」はもちろん、抗酸化物質のポリフェノールの含有量も多く、成分的にも魅力。一度味わえば、その違いに驚き、また味わいたくなるでしょう。

【商品の発売時期】
12月1日予定 エキストラバージンオリーブオイルうしまどスペリオル
12月21日予定 エキストラバージンオリーブオイルうしまど
https://www.nippon-olive.co.jp/fs/ushimado/c/gr131
(オリーブの浅漬けは10月下旬発売予定です。 )

【牛窓オリーブ園】
1942年、創業者服部和一郎(現社長の曽祖父)は百年先の牛窓の景観を保つため、また、「オリーブは薬用になり、食用になり、灯火にもなる」と考えて阿弥陀山を開墾してオリーブ園を開園。現在、約10ヘクタールに約2千本の規模で栽培を行いながら、年間約9万人(2018年度)が訪れる岡山県南有数の観光スポットとなっています。入場無料・年中無休
http://nippon-olive.info/archives/10793/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語