新潟の秋を満喫する空中散歩。苗場スキー場・かぐらスキー場で「2つの日本一を、一度に味わう」紅葉営業を実施

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

苗場スキー場とかぐらスキー場は、紅葉シーズンの2021年10月9日(土)から11月7日(日)の期間、苗場ドラゴンドラと田代ロープウェーの紅葉観光営業を実施します。日本最長5,481mの長さを誇る「苗場ドラゴンドラ」は片道約25分の線路でアップダウンを繰り返し、山麓駅の苗場高原から山頂駅の田代高原を結びます。「田代ロープウェー」は乗車中に230mという日本一の瞬間地上高を体感でき、さらに床面には「シースルー小窓」が設置されており、覗くと真下に「奥清津発電所(OKKY)」や「二居湖(ふたいこ)」を眺めることで、日本一の瞬間地上高を体感することができます。

この秋は、田代ロープウェーからの上り乗車を予約団体専用とし、個人のお客さまは苗場ドラゴンドラより乗車し、清津川の渓谷沿いや二居湖、そして田代湖を眼下に眺めながら「らくらくリフト」を利用することで、田代ロープウェー山頂駅までの急な上り坂と苗場ドラゴンドラの下り乗車の混雑を回避して楽しむことができます。また、田代ロープウェーの山麓駅からは苗場〜田代(無料)連絡バスにて、苗場シュネーバスターミナルまで戻ることができ、1日で 「2つの日本一を一度に味わう」 周遊ルートを気軽に楽しむことができます。

【苗場ドラゴンドラ ・田代ロープウェー 営業案内】
営業期間:2021年10月9日(土)~11月7日(日) ※田代ロープウェーは11月3日(水・祝)までの運行
運行時間:9:00~15:00最終受付(下り最終16:00)
料金:
1名さま(往復乗車券、らくらくリフト、苗場-田代連絡バス、消費税込)/おとな¥3,500、小学生¥2,000(未就学児はおとな1名の同行につき1名まで無料)、ペット乗車 有料往復¥600
※状況により、運行内容を変更する場合があります。

【苗場ドラゴンドラ 概要】
日本最長5,481mの長さを誇るゴンドラ。片道約25分の線路でアップダウンを繰り返しながら進み、360°に広がる大パノラマやエメラルドグリーンに輝く二居湖(ふたいこ)等を眺めることができます。冬は苗場スキー場とかぐらスキー場を繋ぐゴンドラとしても利用できます。
標高:山麓駅921m、山頂駅1,346m 
乗車時間:片道約25分 

【田代ロープウェー 概要】
日本一の瞬間地上高230mを体感できるロープウェー。
ロープウェー内の床面には2ヵ所の「シースルー小窓」があり、足下で高さを感じることができます。
またロープウェーからは奥清津発電所や二居湖を見下ろすことができ、山頂駅付近からは壮大な景色を見渡すことができます。
標高:山麓駅802m、山頂駅1,413m
乗車時間:片道約7~10分

【らくらくリフト】
田代高原から田代ロープウェー山頂駅までを結ぶリフト。急な上り坂を避け、エメラルドグリーンに輝く田代湖や、広大な山々を見渡すことができます。
乗車時間:約6分
乗車定員:2人

【パノラマリフト】
4人乗りリフトで標高1,474mの大自然に包まれた世界へ。標高が高いこともあり、10月上旬より色づいた紅葉の景色をリフトに乗って楽しむことができます。また、山頂付近では雄大な苗場山や神楽ヶ峰を目の前に見ることができます。
乗車時間:約5分
乗車定員:4人

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント
友だち追加

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語