風鈴と線香花火、濃緑映える里山の温泉地で“日本の夏”を体験。阿蘇「黒川温泉 湯涼み」開催中

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

黒川温泉では7月1日~8月31日までの期間、「黒川温泉 湯涼み」を開催します。
湯涼みは、新型コロナの影響により“日本の夏”を楽しむ機会が減っているなか、阿蘇の温泉地で日本の夏の文化を体験できる黒川温泉の新しい取り組みです。

湯涼みでは、旅館や商店の軒先に飾り付けた風鈴が奏でる涼やかで美しい音色が楽しめます。また夜には、日本の伝統である国産線香花火の体験も(8月20日~/予約制)。

■夏の音色”黒川風鈴”に耳をすます
うだるほどの暑さのなか、温泉街にながれる川のせせらぎとかすかに聴こえる涼やかな風鈴の音色。温泉街を通る風の音が、温泉で火照った体を冷ましてくれます。

風鈴の歴史は奈良時代。風鈴の音が聞こえる範囲は聖域とされ、災いから守ってくれる魔除けとして使われていました。湯涼み期間は、温泉街にある旅館や商店の軒先、玄関に黒川特製の風鈴を飾り付けられ、また、7月半ばには穴湯大杉跡に「黒川風鈴アーチ」が飾り付けられます。

■黒川風鈴
黒川風鈴は、“鐘”は真鍮、“短冊”には山里の恵みでもある小国杉を活用したオリジナルの風鈴です。昨今続いている自然災害から営みを守り、自然への感謝と鎮守の思いが込められています。その凛と響く涼やかな音色は、聴く人の心と温泉街一帯を浄化してくれるかのようです。

■日本の伝統文化”和火”に親しむ
夏の風物詩である花火。黒川温泉では、人流を避けて川縁でゆっくり線香花火を体験する機会を設けました。線香花火は全て国産のもの、今では日本製の線香花火は希少な存在です。今でも職人の手によってひとつひとつ丁寧に作られています。

【宿泊者様限定の体験】
本物の線香花火~日本の伝統“和火”に親しむ
温泉街丸鈴橋下の川縁にて一日4組様限定で「本物の線香花火~日本の伝統“和火”に親しむ~」を開催します。線香花火のほか、和火、洋火と約8~10種類の花火を体験できます。
国産の線香花火は、火先を斜め上に向けてやさしく息を吹き掛けながら楽しむ花火です。いままでとは違う線香花火を体験ください。
期間:8月20日(金)~29日(日)
時間:20:00~21:00の間(体験時間は20分程度)
定員:一日最大4組(一組につき3名まで)
料金:無料
雨天:中止
予約はこちら:https://ws.formzu.net/fgen/S61999842/

【黒川温泉湯涼み】
期間:2021年7月1日(木)~8月31日(火)
黒川温泉では、 夏は「湯涼み」、冬は「湯あかり」と、一年を通じて自然や日本の文化と親しむ体験を提案します。
ちりんちりんと涼やかで美しい音色を奏でる“黒川風鈴”、ぱちぱちと優しい火花で心落ち着かせる“線香花火”、今年の夏は、濃緑映える里山の温泉地で“日本の夏”をお楽しみください。
URL:https://www.kurokawaonsen.or.jp/event/yusuzumi/

■黒川温泉公式サイトURL:https://www.kurokawaonsen.or.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語