紫陽花が咲き誇る川崎市随一の名所「長尾山 妙楽寺」で、父の日に「長尾の里あじさい寺 あじさいまつり」開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

川崎市多摩区では、6月20日(日)に、あじさいの名所「長尾山 妙楽寺」にて「長尾の里あじさい寺 あじさいまつり」を開催します。

神奈川県では鎌倉市が紫陽花の名所として有名ですが、川崎市も隠れた紫陽花の名所として知られています。
その中でも、長尾丘陵の一角にある寺院 「長尾山 妙楽寺」 は、通称 「あじさい寺」 と呼ばれる、川崎市随一の紫陽花の名所です。例年6月中旬~下旬にかけて、28種類約1,000株の紫陽花が咲き誇り、境内一面が青・紫・薄紅色など鮮やかに色づきます。
高台にある境内からは、川崎市内を一望でき、晴れた日にはスカイツリーも見ることができます。都心の眺望を背景に映える紫陽花の美しさを求め、毎年市内の方はもちろん、市外からも多くの見物客が訪れます。

■“父の日”に「長尾の里あじさい寺 あじさいまつり」開催
妙楽寺では、6月20日(日)の“父の日”に「長尾の里あじさい寺 あじさいまつり」を開催します。昨年は新型コロナウィルス感染拡大の影響で開催中止となりましたが、今年は十分に感染対策を徹底。当日は、地元の子供たちによる太鼓パフォーマンスや、紫陽花の苗及び和菓子、あられ、くず餅、ライフビスケット等の販売を行います。
父の日の贈り物に、紫陽花の苗をプレゼントしたり、穴場スポットで一緒に紫陽花を楽しみながら、ゆっくりコロナ疲れを癒やすのもおすすめです。

■「長尾の里あじさい保存会」らボランティアによる紫陽花の整備
多くの人に紫陽花の美しさを楽しんでもらおうと、毎年「長尾の里あじさい保存会」や地元町会のメンバーを中心に、ボランティア作業を行っています。
妙楽寺に続く坂、通称「あじさいロード」もボランティアの方々により整備され、沿道の紫陽花は、今年も見事に美しい花を咲かせました。

【「長尾の里あじさい寺 あじさいまつり」開催概要】
開催日程:6月20日(日)9:30~12:30(雨天決行)
開催場所:長尾山 妙楽寺
当日の催し物:長尾こども太鼓の演奏(オープニング)、 花の寄せ植え等の販売、 紫陽花の苗等及び和菓子、あられ、くず餅、ライフビスケット等の販売
住所:神奈川県川崎市多摩区長尾3-9-3
交通アクセス:
・JR南武線「宿河原駅」「久地駅」より徒歩20分
・JR南武線/小田急線「登戸駅」より川崎市バス「登05または登06菅生車庫」行き「切通し上」下車徒歩10分
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」より東急バス「向01梶ヶ谷駅」行き、「切通し上」下車徒歩10分。または川崎市バス「溝06溝口駅前」行き「長尾」下車徒歩10分
・東急田園都市線「梶ヶ谷駅」より東急バス「向01向ヶ丘遊園駅南口」行き「切通し上」下車徒歩10分
TEL:044-922-3653
※会場には駐車場はありません。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため緊急事態宣言が発令された場合は中止とします。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語