今年の岩ガキは、身入りが良くて“ぷりっぷり”!鳥取県の天然岩ガキ漁6/1解禁

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

鳥取県では、2021年6月1日(火)より初夏の風物詩である天然「岩ガキ」の漁が解禁され、賀露市場(鳥取県鳥取市)をはじめ県内5箇所の市場で初競りが行われました。初水揚げでは賀露市場で1,040キログラムが揚がり、1キロあたりの平均単価は924円。漁期は8月末までです。
今年の岩ガキは早い時期から身入りが良いのが特徴で、新型コロナウイルスによる消費量への影響が見られる中、水揚げ量は昨年の約2倍の150トンが見込まれています。

冬が旬のイメージが強い岩ガキですが、主に日本海側で採れる「平ガキ」は6~8月に旬を迎え、冬のカキ「真ガキ」と比べると殻も身もボリューミーで、生で食べることができるのが特徴です。

■ 鳥取県自慢の天然岩ガキ「夏輝(なつき)」とは
岩ガキは日本海に面した数カ所でしか採れない貴重な水産物。鳥取県のきれいな海で、荒波に耐えながら数年かけてゆっくりと成長した岩ガキを2005年「夏輝」としてブランド化。そのなかでも殻長13cm以上の高品質な岩ガキにはブランドラベルをつけて販売されています。このラベル付き岩ガキは、水揚げされるカキのうちわずか1割程度しかなく、とても希少価値が高い自慢の逸品です。
とろりと濃厚な旨味は、まさに“海のミルク”。滑らかな口当たりがたまらない至極の味です。 天然岩ガキは生で食べるのが一番。レモン汁をかけて一口で豪快に召し上がってください。

■ 2020年にブランド化された、 超大型岩ガキ「砂丘の誉(ほまれ)」とは
2020年より、殻の周囲が33.5センチを超える岩ガキを「プレミアム夏輝 “砂丘の誉”」というブランド名で出荷されています。
鳥取県の岩ガキ漁は通常素潜りで行いますが、この「砂丘の誉」は鳥取砂丘沖合の水深約18メートルより深い場所でしか採れず、特殊なボンベを背負った海女さんらが潜水して漁を行います。
鳥取砂丘沖で採れる1日200~300個の岩ガキのうち「砂丘の誉」はわずか10~20個。1個あたりの浜値は夏輝の約3倍と、まさにプレミアムです。

普段見ることのできない「砂丘の誉」漁の様子:https://youtu.be/NjicXtWCa9A

■通販サイト
鳥取のおいしい魚を全国にお届けするため2種類の通販を用意。お刺身用など鮮度が大切な商品はライブ通販アプリ『UOICHI』で、冷凍・乾物・加工品は通販サイト「とっとり市」から購入できます。
https://karoichi.jp/uoichi/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語