自ら摘んだ茶を五感で味わう!「茶畑セラピー」埼玉県狭山市で開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

株式会社CHA-Link(東京都東久留米市)はマインドフルネスや自律神経訓練法を基にしたお茶セラピーを開催しています。この度、お茶摘み体験プログラムを提供する有限会社宮野園(埼玉県狭山市)と提携し、茶畑にて体験型セラピーを提供。参加予約の受付けを開始しました。

【茶畑セラピーとは】今までに無い茶畑の癒し体験
茶畑セラピーはお茶畑でお茶を摘むところから、飲むまで一連の流れが癒し体験としてデザインされています。
■自然と触れ合う
日本三大銘茶の狭山茶の茶畑で、茶葉を自らの手で摘みます。大きな空の下、小鳥のさえずりを聞きながら自然と触れ合います。

■心を込めてお茶を手作りする
摘んだばかりのお茶を自分の手で揉み、乾燥させ緑茶を作ります。茶葉を熱し乾燥する時に香る、お茶が放つ自然のアロマに癒されます。

■五感を使ってお茶を頂く
伝統的な煎茶道とストレス低減法のマインドフルネスを融合したメソッドで静かにお茶を淹れます。茶畑の自然を感じながら時間を忘れて五感でお茶をいただきます。誘導に従ってお茶を淹れていくので、お茶の経験がゼロでも問題ありません。

<科学的根拠に基づく茶畑セラピー>
■お茶畑
「週2時間以上自然の中にいることが健康と幸福感の向上につながる 」ことが2019年英エクセター大学のMathew White氏らの研究により明らかになりました。この理論に従い、参加者にはお茶畑という自然の中でセラピーを3時間たっぷり味わってもらいます。
なお、お茶摘み以外は屋根の下のスペースで行い、熱中症対策、コロナ対策も十分に行います。ほうじ茶や緑茶など各種水出しのお茶が飲み放題。

■マインドフルネス煎茶法『cha-link』
マインドフルネスとは目の前のことにただただ集中している状態のこと。マインドフルネスの効果として、「ストレス低減」「集中力UP」「思いやり力UP」 は脳科学的に証明されており、海外では医療現場やビジネス研修で広く活用されています。お茶を丁寧に入れる動きや呼吸、香り、味わいに集中することで、心を調えていきます。

【お茶畑セラピー概要】
第一回開催日:6月18日(金)
場所:宮野園(埼玉県狭山市北入曽25-2)
時間:10:00~14:00(お昼休憩1時間)
最大参加者人数:4人
参加費:8,800円(税込)
含まれるモノとサービス:
お茶摘み・お茶づくり体験、お茶マインドフルネスセラピー、茶葉、農家さん特製冷茶飲み放題、お茶の足湯
予約申し込みフォーム: https://forms.gle/eonv98iJYzVCrJoe9
7月から10月までの期間、定期的に開催予定です。

<セラピーのながれ>
お茶摘み→お茶づくり→お茶マインドフルネス→お昼休憩(地元の直売所でお昼を買う)→自由にゆったりと過ごす

<茶畑セラピー案内人>
●CHA-Link 竹内梨夏(Rica)
初代ミス・ティー・アンバサダー/煎茶道師範/日本茶インストラクター/マインドフルネス・スペシャリスト
●宮野園 宮野圭司
日本茶インストラクター/日本茶普及協会茶育インストラクター/全国茶商工業協同組合連合会認定 茶匠/全国手もみ茶振興会 認定教師/Happy Tea Time Creator

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語