狭山茶主産地の入間市の春の風物詩。新茶の季節がやってきます

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

4月下旬ごろから新茶の摘み取りが始まり、5月初旬ごろから「狭山茶の新茶」がお茶屋さんの店頭に並びます。

狭山茶は埼玉県下全般で生産される茶の総称で、入間市が主産地です。その生産量、栽培面積も県下一を誇っています。

「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」
と謳われる狭山茶は、熟達した製茶法と「狭山火入」と称する古来の火入の真髄を発揮し、丹念に選りすぐった自然の風雅が、深みのある濃い味わいとなって、 私たちの心をやさしく和ませてくれます。

入間市内の茶畑では、5月初旬の新茶シーズンに向け、3月中旬ごろから「春整枝(はるせいし)」と呼ばれる、専用の機械で葉や枝を刈り込む作業が行われ、4月下旬ごろからは、新茶の摘み取りが始まります。
今年の茶園は、暖冬で適度に雨が降ったことでどの茶園も非常に良い状態。新茶の出来上がりが楽しみです。

【八十八夜新茶まつり】
入間市役所敷地内の茶畑を会場に新茶をいろいろな形で楽しむイベントとして毎年開催しています。
開催日:令和3年5月1日(土)
時間:8:45から11:00まで
場所:市役所正面玄関前
内容:
・新茶一煎パック、茶苗木、狭山茶パウダースティックの無料配布(先着順に配布、無くなり次第終了)
・数量限定新茶販売(予定)と予約受付
※新型コロナウイルス感染症予防対策として、規模を縮小して実施。例年実施している茶摘み体験、手もみ茶実演、新茶の湯茶サービス、お茶のおいしい淹れ方教室、新茶天ぷら実演・試食会、茶娘の茶摘み撮影会は実施しません。
※新型コロナウイルス感染症の状況により、変更や中止になる可能性があります。

入間市HP 八十八夜新茶まつり詳細ページURL:
http://www.city.iruma.saitama.jp/event/event_info/1008072.html

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語