国営武蔵丘陵森林公園、春の二大花畑「アイスランドポピー」と「ネモフィラ」が見頃を迎えています!

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

埼玉県比企郡滑川町と熊谷市楊井にまたがる国営武蔵丘陵森林公園では、約70万本のアイスランドポピー花畑(約8,000平方メートル )と、約10万本のネモフィラ花畑(約5,000平方メートル )が、現在見頃を迎えています。

埼玉県比企郡に位置し、東京ドーム65個分もの広さを誇る国営武蔵丘陵森林公園で、”春の二大花畑”ともいえる約70万本のアイスランドポピー花畑(約8,000平方メートル )と、約10万本のネモフィラ花畑(約5,000平方メートル ) が、今年も見頃を迎えました。

アイスランドポピーは、公園の南口から徒歩約20分の運動広場花畑に植えられ、黄色・オレンジ・白のカラフルな景色が広がります。また、ネモフィラは公園の西口より徒歩約5分の「西口ひろば」の花畑、雑木林の新緑に囲まれたさわやかな青空のような一面ブルーの花が楽しめます。
春の二大花畑ともいえる広大な花々を楽しむのは、まさに今がおすすめです。

アイスランドポピーとネモフィラは、ともに4月下旬頃まで見頃が続く見込み。

さらに、ネモフィラが見られる西口ひろば花畑は、花畑のなかに『舗装路』を新しくリニューアルオープン。ゆるやかな勾配のため、足の不自由な方や車いすの方も花畑の丘の上まで上がりやすくなりました。さわやかなブルーの美しい光景を、ぜひ丘の上からご覧ください。

■国営武蔵丘陵森林公園「アイスランドポピー」について
シベリアなどが原産の、寒さに強いポピー。人気のトランポリン遊具「ぽんぽこマウンテン」を背景に、明るい黄色、白、オレンジの三色の花畑で、約70万本が開花します。
見頃の時期:4月上旬~4月下旬(3月末より咲き始め)
場所:国営武蔵丘陵森林公園 運動広場花畑
本数:約70万本
花畑面積:約8,000平方メートル

■国営武蔵丘陵森林公園「ネモフィラ」について
春の花として近年定着したネモフィラ。いくつかの花色がありますが、空色の品種が代表的です。別名は「瑠璃唐草」。秋に種をまき、小さな株の状態で冬を越し、春になると一斉に花開きます。花畑を空色に染め、春風に揺れる姿をぜひご覧ください。
見頃の時期:4月上旬~4月下旬(3月末より咲き始め)
場所:国営武蔵丘陵森林公園 西口ひろば花畑
本数:約10万本
花畑面積:約5,000平方メートル

■「ルピナス」もまもなく見頃
4月下旬頃から「ルピナス」も見頃を迎える見込みです。
フジに似た花が下から咲きあがる姿から『ノボリフジ(昇り藤)』の別名もついており、ピンクや紫・白などバリエーションに富んだ花色が楽しめます。
見頃予想:4月下旬~5月中旬まで
場所:こもれび花畑
株数:約4万本
花畑面積:約2,000平方メートル

【国営武蔵丘陵森林公園 概要】
所在地:埼玉県比企郡滑川町山田1920
開園時間:
・3/1~10/31…9:30~17:00
・11/1~11/30…9:30~16:30
・12/1~2/28…9:30~16:00
休園日:
・年末年始(12/31、 1/1)
・1月の第3、 第4月曜日
URL: https://www.shinrinkoen.jp

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語