横須賀市くりはま花の国、約100万本のポピー園が見頃に「ポピー・ネモフィラシーズン」4/10~5/30まで

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

神奈川県横須賀市にある横須賀市くりはま花の国では、2021年4月10日(土)~5月30日(日)まで「ポピー・ネモフィラシーズン」を迎えます。
園内では約100万本のポピー園でアイスランドポピーやシャーレ―ポピーなどが続々と開花リレーするほか、山頂にも近い天空の花畑ではネモフィラが見頃を迎えます。また、5月29日(土)・30日(日)の二日間は、ポピー園で無料の花摘み大会を開催予定です。

三浦半島でも最大級の面積となる、約18,000平方メートル (1.8ha)の広大でなだらかな斜面状の花畑『ポピー園』では、4月から5月にかけてアイスランドポピーやシャーレ―ポピーなどの品種が次々に開花し、長期的に花の見頃が続きます。
また、 花畑の中を通り抜けるような園路やフォトスポットなどもあり、春にぴったりの壮大な花畑の景観が楽しめます。

くりはま花の国の山頂にも近い『天空の花畑』では、4月上旬からネモフィラが見頃を迎え、天気がよい日には一面の青空と街並みを臨めるブルーの景色を満喫できます。

「ポピー・ネモフィラシーズン」の最終日となる5月29日(土)・30日(日)の二日間には、ポピー園で花を摘み取り持ち帰りできる、無料の花摘み大会を開催予定です。

■くりはま花の国の「ポピー園」について
丘陵状のなだらかな斜面地を活かした景観が特徴で、約100万本のポピーの花が一面に広がります。時期によって異なる品種のポピーが次々と開花し、長い期間で花を楽しめるようになっています。

【くりはま花の国 ポピー園】
・面積:約18,000平方メートル (1.8ha)
・本数:約100万本
三浦半島内でも最大級の広大な花畑です。

■くりはま花の国の「天空のネモフィラ花畑」について
公園管理棟の横から広がる花畑です。春にはネモフィラ、夏にはヒマワリ、冬~春にはナノハナが見頃となります。標高約100mのくりはま花の国の山頂からも近い位置にあるため、空と街並みに浮かぶ花畑の風景がおすすめのフォトスポットです。2021年ネモフィラ開花見込み:4月上旬~

※天空のネモフィラ花畑へのアクセスはアップダウンがあるため、 園内を走る「フラワートレイン」または「フラワーバス」のご利用が便利です。

【2021年「ポピー・ネモフィラシーズン」概要】
期間:2021年4月10日(日)~5月30日(日)
入園料:無料
会場:横須賀市くりはま花の国 ポピー園、天空の花畑
※ご来園の際には、第一駐車場からのアクセスが便利です。
※園内には一部有料施設あり
開園時間:24時間
休園日:なし

■イベント「無料花摘み大会」
開催日時:2021年5月29日(土)・30日(日)14:00~16:00
会場:横須賀市くりはま花の国 ポピー園
※新型コロナウィルス感染予防対策や天候の都合等により予定が変更となる可能性があります。
その他最新の開花情報やイベント情報については、 公園のWEBサイトでご確認ください。

公園サイトURL:
http://www.kanagawaparks.com/kurihama-perry/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語