ロケーション抜群、 香川県の絶景 “桜・お花見” スポット!

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

香川県では、春を迎えた時期だからこそおすすめしたい「ロケーション抜群、春の絶景スポット」として、桜の名所や観光スポットを紹介しています。 ※開花状況:今年は平年よりも早い開花日を記録しています。 今後は3月中旬に開花するところが多く、3月下旬には満開を迎える予想。

■香川屈指のお花見スポット「紫雲出山(しうでやま)の桜と瀬戸内海の絶景」
香川県三豊市の荘内半島に位置する紫雲出山(標高352m)は、香川県内でも屈指の桜の名所として人気のスポットです。自然豊かな遊歩道を歩きながら山頂を目指せば、辺り一面が満開の桜で彩られ広場のあちらこちらに海と桜を同時に眺められる見どころスポットが点在しています。 山頂からは瀬戸内海を一望でき、桜の向こうに広がる瀬戸内海の絶景を、ぜひご覧ください。
※2021年紫雲出山の桜シーズンは、入山には事前予約が必要です。オンラインで事前予約を行ったマイカーのみ入山を許可することで、来場者の入場制限を行います。詳細は以下から必ずご確認ください。
【オンライン事前予約HP(入場制限)サイト】: https://www.mitoyo-kanko.com/shiude-access/

■島時間で桜を満喫 約2500本の桜のトンネル「女木島」
高松港からフェリーで約20分の海に浮かぶ、鬼ヶ島としても有名な女木島には、約2500本の桜が植えられています。山頂付近にある鬼の洞窟に向かう道路では、両側からトンネルのように咲く桜が迎えてくれます。
その先の「鷲ヶ峰展望台」からは、瀬戸内の景色が一望でき、綺麗に花開いた桜の中で、瀬戸内海を行き来する大小の船舶と、瀬戸の島々、屋島、五剣山など、香川の特徴的な山々を望む景観を楽しむことができます。
【鬼ヶ島観光協会サイト】http://www.onigasima.jp/

■屋島山上「獅子の霊巌展望台」「屋島寺」
源平合戦の舞台として有名な屋島も、多くの桜が楽しめる名所となっています。屋島山上の「獅子の霊厳展望台」には、古木の桜が花開き、瀬戸内海の眺めと相まって、美しい景色を楽しむことができます。展望台の手前にある屋島寺の四天門付近には、可正桜(かしょうざくら:1665年に高松藩士松平半左衛門可正が老後の楽しみとして植樹)が花開きます。ヤマザクラやシダレザクラなど、様々な種類の桜を楽しんでみてはいかがでしょうか。
【屋島山上観光協会サイト】https://www.yashima-navi.jp/jp/travel/entry-109.html

■瀬戸内海、 瀬戸大橋をバックに眺める穴場スポット「白峰園地展望台」
四国八十八ヶ所霊場第81番札所の白峯寺へ向かう県道にある「白峰園地展望台」周辺では、春になると一面の桜が花開き、桜越しに坂出市内や瀬戸内海に架かる瀬戸大橋を一望することができます。近隣には、崇徳上皇が讃岐で没して3年後に西行法師が御陵を詣でたとされる、青海神社から白峯御陵への「西行法師の道」でも桜が花開き、瀬戸内海のゆったりとした景色を眺めることができるエリアとして、県内で人気のスポットとなっています。
【香川県 環境森林部みどり保全課サイト】https://www.pref.kagawa.lg.jp/midorihozen/index.html

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語