歴史と文化あふれる横浜に60万本の花々が咲き誇る!「ガーデンネックレス横浜2021」3/27から開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

横浜市は、花と緑あふれる横浜の魅力を体感できる「ガーデンネックレス横浜2021」を、3月27日(土)から6月13日(日)まで開催します。
「ガーデンネックレス横浜」は、2017年の「全国都市緑化よこはまフェア」開催以来、花と緑にあふれる都市「ガーデンシティ横浜※1」を推進するリーディングプロジェクトとして毎年開催し、今年で5年目を迎えます。横浜の街をサクラ、チューリップ、バラなど美しい花がリレーするように移り変わります。5月からは“市の花・バラ”を主役にした「横浜ローズウィーク」を開催し、横浜市役所を舞台にした新たなイベントも開催。

都心臨海部の「みなとエリア」と、よこはま動物園ズーラシアに隣接する自然豊かな「里山ガーデン」をメイン会場に、全市で花と緑に親しむ機運を高め、2027年の「国際園芸博覧会※2」の開催に向けた機運の醸成を図ります。

■横浜市役所アトリウムで「ローズフェアwith趣味の園芸」初開催
最新のガーデンローズの紹介や、達人の技によるバラ盆栽、ウェルカムローズガーデンやバラのアトリエなどを用意。
期間:5月12日(水)~5月16日(日)
場所:横浜市役所アトリウムほか
このほか、長年の歳月をかけ開発した最新品種の鉢花・切花を展示する「2021F&Gジャパンセレクション&ジャパンフラワーセレクション」も同時開催。

■山下公園にナイトフォトスポット登場
夜もガーデンネックレス横浜の魅力を楽しめるよう山下公園に中央噴水周りをライトアップした「ナイトフォトスポット」が新登場します。
期間:5月8日(土)~5月23日(日)

【「ガーデンネックレス横浜2021」開催概要】
開催期間:2021年3月27日(土)~6月13日(日) ※里山ガーデンは5月9日(日)まで
会場:みなとエリア(都心臨海部)、里山ガーデン、全市(18区)
主催:横浜市 運営主体:ガーデンネックレス横浜実行委員会

<みなとエリア>
横浜を象徴する港の景観とともに、サクラ、チューリップ、バラ、ユリと、早春から初夏の季節の移ろいにあわせ、リレーするように長い期間、美しい花々に彩られます。
期間:3月27日(土)~6月13日(日)
場所:山下公園、港の見える丘公園、日本大通り、横浜公園、新港中央広場等

■サクラが見頃
みなとみらいのサクラのシンボル通りであるさくら通りでは、桜木町駅から横浜ランドマークタワー、パシフィコ横浜へと続く100本もの桜並木で、淡紅色の美しいソメイヨシノが高層ビルを背景に楽しむことができます。大岡川(観音橋~井土ヶ谷橋)では3月26日(金)から4月11日(日)の金・土・日にサクラのライトアップを実施します。
元町公園では西洋館や山手80番館遺跡など、異国情緒が色濃く感じられるスポットで雰囲気たっぷりのサクラを見ることができるなど、横浜ならではの風景に出会えます。
見頃:3月下旬~4月上旬
場所:さくら通り、汽車道、大岡川、元町公園等

■チューリップ
横浜公園には12万本のチューリップが咲き誇ります。そこから港へ続く日本大通りや山下公園、横浜赤レンガ倉庫を背景にチューリップの景観が楽しめる新港中央広場など、みなとエリアを彩ります。
見頃:4月上旬~4月中旬
場所:横浜公園、日本大通り、新港中央広場、山下公園等

■バラ
「横浜ローズウィーク」を開催し、‟市の花・バラ“をテーマに「バラの街歩き」を楽しむことができます。山下公園では約160品種、1,900株のバラの競演が港の風景と一緒に楽しめる「未来のバラ園」、港の見える丘公園では約150品種、1,000株のバラが楽しめる「イングリッシュローズの庭」をはじめ、「バラとカスケードの庭」、「香りの庭」など、趣ある洋館を 背景に色とりどりのバラの観賞や香りを楽しむことができます。
見頃:5月上旬~5月下旬
場所:山下公園、港の見える丘公園、山手イタリア山庭園(新規)等

■ユリ
見頃:5月中旬~6月下旬
場所:日本大通り、新港中央広場

<里山ガーデン>
里山ガーデンでは「里山ガーデンフェスタ」を開催します。見どころは横浜市内最大級で、春と秋のみ限定公開される約10,000平方メートルの大花壇。大花壇の今春のテーマは「実の春(みのりのはる)」で、市内産の花苗を会場内の9割に活用しています。パンジーやビオラのほか、ネモフィラなどを中心に、チューリップやサクラなど、春らしいパステルカラーの美しい花々を楽しめます。
期間:2021年3月27日(土)~5月9日(日)※入場無料
時間:9時30分~16時30分
場所:横浜市旭区上白根町1425-4(よこはま動物園ズーラシア隣接)

<横浜ローズウィーク>
「横浜ローズウィーク」は、見頃を迎える横浜‟市の花・バラ“を、市内各所のバラ園や、バラがテーマのイベント、スイーツ、カクテル、ショッピングなど、横浜の歴史を感じる街並みや、港の風景とともに楽しむ「バラの街歩き」イベントです。今年は、横浜市役所アトリウムを会場としてバラのショーガーデンや切花、盆栽などで彩られる「ローズフェアwith趣味の園芸」が初めて開催されます。また、今年で第20回目を迎える「花と器のハーモニー2021」では、横浜山手西洋館全7館を花とテーブルウェアで彩り、異国情緒あふれる館内を演出します。
期間:5月3日(月・祝)~6月13日(日)
場所:山下公園、港の見える丘公園、横浜山手西洋館、アメリカ山公園、横浜イングリッシュガーデン、八景島バラ園ほか市内各所

【ガーデンネックレス横浜公式ホームページ】
https://gardennecklace.city.yokohama.lg.jp/

※1 「ガーデンシティ横浜」:横浜市ではこれまでも、 市民、 企業、 行政など様々な主体が連携し、 横浜らしい花・緑・農・水のある豊かな自然環境を創り上げてきました。 この取組をさらに加速し、 潤いや安らぎを感じられる横浜を次世代に引き継ぎ、 魅力ある横浜へと発展させていく取組を「ガーデンシティ横浜」として位置付けました。
※2 「国際園芸博覧会」:国際的な園芸文化の普及や花と緑のあふれる暮らし、 地域・経済の創造や社会的な課題解決等への貢献を目的に開催されています。 横浜市が目指しているのはA1クラスの博覧会(国が関与して開催される国際園芸博覧会)で、 国内では1990年に大阪で開催された「国際花と緑の博覧会(花の万博)」があります。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語