醍醐寺初の一般公開!春の夜間特別拝観を3/20~4/11開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

総本山醍醐寺(京都市伏見区)は、2021年3月20日(土祝)~4月11日(日)の間、三宝院または霊宝館の特別夜間拝観を時間定員制(事前予約優先)にて実施します。春期夜間の一般公開は初めて。大枝垂れ桜をはじめとする多くの桜の夜の姿をお楽しみください。三宝院庭園や御殿の拝観、霊宝館では特別展示も行われます。

■世界文化遺産 醍醐寺について
一千有余年の歴史を持つ醍醐寺は、木の文化・紙の文化の伝承の宝庫です。開山以来、多くの人々の祈りの中にその歴史を育み、文化を伝承してきました。仏像、文書、絵画をはじめとする貴重な寺宝は約15万点にも及びます。
現在、建造物や諸堂に祀られている諸仏、諸尊以外の寺宝のほとんどは、「霊宝館」に収められており、その一部を順次公開しています。三宝院は永久3年(1115)、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。その建造物の大半が重要文化財に指定されており、中でも庭園全体を見渡せる表書院は寝殿造りの様式を伝える桃山時代を代表する建造物であり、国宝に指定されています。
国の特別史跡・特別名勝となっている三宝院庭園は、慶長3年(1598)、豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計をした庭であり、今も桃山時代の華やかな雰囲気を伝えています。

■夜間拝観の見どころ
平穏無事の祈りの中で夜の桜を堪能ください。

<三宝院>
秀吉公が自ら設計された三宝院庭園は特別名勝・特別史跡に指定されています。庭園は表書院(国宝)から見ることができます。日本画家・奥村土牛が「醍醐」に描いた太閤しだれ桜も見どころです。

<霊宝館>
霊宝館庭園の桜も見事で、夜間の風景は特別に美しいです。館内にて特別展示も行い、庭園内のフレンチカフェも営業します。

<御朱印>
春の夜間拝観限定御朱印を授与。(書置きとなります)

【夜間拝観概要】
※三宝院の拝観日と霊宝館の拝観日があります。
拝観時間と定員:
18:00~入場 150名/18:30~入場 150名/19:00~入場 150名
ホームページより事前予約の上、三宝院受付にて17:00~受付開始
拝観場所と日程:
〇三宝院(御殿・庭園・憲深林苑)
3月20日・21日・22日・23日・26日・28日・29日
4月2日・3日・4日・7日・8日

〇霊宝館(庭園・本館と平成館の特別展示)
3月24日・25日・30日・31日
4月1日・5日・6日・9日・10日・11日

拝観料:2,000円(五大力尊特別守護守つき)、小学生以下無料
※障がい者手帳をお持ちの方、醍醐寺友の会会員も拝観料が必要となります。
※車椅子をご利用の方は三宝院の場合、御殿の拝観はできません。
霊宝館の場合、展示室は介助の方をご同行いただければ入場可能です。(入口に段差有)

【寺院概要】
名称:総本山醍醐寺
所在地:京都市伏見区醍醐東大路町22
TEL:075-571-0002
URL:https://www.daigoji.or.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語