築137年明治建築の古民家を改修。山梨県北杜市に「古民家宿るうふ 峡之家」3/12グランドオープン

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

古民家一棟貸し宿を運営する株式会社るうふは山梨県北杜市須玉町内にある平家建て古民家を再生し『 るうふ 峡之家 』をグランドオープンします。

古民家宿るうふは、山梨県に築100年前後の古民家を改修し、古民家一棟貸しの宿を3棟運営しています。
るうふは、各宿ごとに異なる”火の体験”、”時の体験”、”土地の体験”を用意しており、各地域や家に残る歴史を深堀りし、地域ならではの体験をしていただける体験型宿泊施設です。
今回、名水の産地である山梨県北杜市において築137年の古民家を改修し、2021年3月12日に『 るうふ 峡之家 』としてグランドオープンします。

■山梨県北杜市須玉町比志とは
北杜市の南東に位置する須玉町比志。山梨県北杜市は 山紫水明(日が照り映え山が紫に見え、川が清らかに流れる。美しい山水の形容)と言われており、昭和30年までは家庭用燃料として炭焼き(薪炭)を生業とする人々が多く、山腹からは毎日の様に日に透けて「紫色」に澄みきった煙が立ち昇っていたと文献に記録されています。
また特産品の紫花豆(冷涼な地域でしか育たない貴重な高原花豆)は北杜市の中でも須玉町の"増富地区"と高根町の"清里地区"でしか栽培できない希少品です。

■るうふ 峡之家について
るうふ峡之家は木造平家建ての築137年の古民家です。
先祖代々、稲作や養蚕、冬場は土木を生業としていた兼業農家の方が残されてきた生活文化財で、平家ならではの長く奥行きのある母屋に2つの土蔵が特徴的な民家を再活用しています。

■庭で星空を見上げながら体験する『 火の体験 』
土地の体験を楽しんだ後、庭で星空を眺めながら『 焚き火 』が楽しめます。
なかなか古民家の宿では体験が出来ない焚き火の体験。周りを気にすることなく火を囲みながら話す、夜の時間をゆったりとお楽しみください。

■土蔵を利用した檜の露天風呂
24時間暖かい檜露天風呂から、表情豊かな須玉町の風景を楽しんで頂くことが出来ます。
朝は山間から登る朝日を。夜は満点の星空を楽しみながら、暖かい檜風呂でゆっくりお休みください。

■土蔵を利用した ワインバー
母屋の横に併設された蔵で、るうふのスタッフ厳選の”山梨県産のワイン"を取り揃えております。
母屋とは一味違う特別感のある空間で、ワインの香りも一緒に贅沢に味わえます。

【古民家宿るうふ 峡之家 施設概要】
施設名:古民家宿るうふ 峡之家
所在地:山梨県北杜市須玉町比志1068
TEL:055-288-901
URL : https://loof-inn.com/hotels/kyonoie/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語