「立山曼荼羅」で巡る信仰の山。『オンラインとやまトラベル』シリーズ最終回、「立山・黒部」をテーマに開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

富山県は、富山の多彩な魅力にどこからでも触れていただけるオンライン観光モデル事業「旅する前に、出会える喜び。Online TOYAMA Travel」を実施、シリーズ最終回となる第5回は富山県を代表する観光地「立山・黒部」をテーマに、2021年3月20日(土)に開催します。

日本三霊山の一つと言われる立山は、古代より山岳信仰の対象でもありました。今回の旅では、立山の歴史文化に詳しい山岳ガイドで、プロスキーヤーでもある佐伯知彦さんを案内人に迎え、立山信仰の世界観が凝縮した掛軸式絵画「立山曼荼羅」を使って、立山に残るさまざまな伝説や立山信仰の歴史を紐解いていきます。

もちろん、雄大な立山・黒部の自然も紹介。立山・黒部エリアでは、日本では珍しい「キャニオニング(沢下り)」など、本格的なアドベンチャー・アクティビティが楽しめます。もうお一人の案内人・片山リナさんは、そうした自然アクティビティ・ツアーの実施や、アシュタンガ・ヨガの正式指導者として、ネイチャーヨガのプログラムを提供されています。今回は、ヨガの呼吸法や座ったままできるポーズなどを教えていただき、画面越しに立山黒部の雄大な自然を感じながら、心身を整えるワークショップも行います。

毎回好評の旅のお土産には、富山県を代表する郷土料理「ます寿し」が登場。脂の乗った良質で肉厚な鱒を使用した、大辻の「幻のます寿し」に加え、ミネラルを豊富に含んだ黒部の湧水(ペットボトル)と“疫病除けの霊獣”として注目されている「クタベ」をあしらったエコバッグも。事前に届くお土産でも心身のリトリートを。

【Online TOYAMA Travel 5. 自然×歴史文化
雄大な自然と信仰の山。知られざる立山黒部との出会い】
日時:2021年3月20日(土)14:00~16:00
中継会場:立山博物館 教算坊(江戸時代創建の宿坊)
旅の案内人:佐伯知彦(立山ガイド/(公社)日本山岳ガイド協会所属)
片山リナ( (株) J-WET Adventuresマネージャー/アシュタンガ・ヨガ講師)
募集人数:20名
参加費・参加方法:3,000円・Zoomを使ったオンラインイベントになりますので、端末とネット環境を用意ください。
申込み:公式サイトから
締め切り:3月14日(日)18:00 *先着順
旅のお土産:大辻「幻のます寿し」(500g)、黒部の氷筍水(500mlペットボトル×2本)、「クタベ」エコバッグ(コットン100%、約タテ37cm×ヨコ36cm、幅11cm)
公式サイURL:https://www.online-toyama.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語