日本初の常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」4/22運行開始!

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

横浜都心臨海部において、移動自体が楽しく感じられるような多彩な交通サービスの充実に向け、平成29年度に横浜市が民間公募を実施した「まちを楽しむ多彩な交通の充実」において提案のあった、桜木町駅前と新港ふ頭とを結ぶ日本初の常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」が、2021年4月22日に運行を開始します。

【YOKOHAMA AIR CABINの概要】
特徴:
・都市部では日本初の常設ロープウェイ
・バリアフリーに対応し、車いすのままご乗車可能
・ゴンドラに冷房を完備し、夏でも快適
・ゴンドラにより、新たな夜間景観を演出
営業時間:10:00~22:00
所要時間:片道約5分
運賃(片道):
大人(中学生以上)1,000円、子ども(3歳~小学生)500円
全長:約630m
最大高さ:約40m
ゴンドラ数:36基
ゴンドラ定員:8名
事業主体:泉陽興業株式会社

「YOKOHAMA AIR CABIN」が開業することで、桜木町駅と新港ふ頭が直結しアクセスが一層便利になるとともに、移動しながら横浜みなとみらいの魅力的な景観が楽しめます。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語