弘前さくらまつりPR動画『101回目への弘前公園の桜 (2020)』、「第2回ふるさと動画大賞」を受賞!

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

青森県弘前市首都圏キャンペーン実行委員会が制作したPR動画『101回目への弘前公園の桜(2020)』が、一般財団法人地域活性化センターが主催する「第2回ふるさと動画大賞(地域プロモーション大賞 動画部門)」の大賞を受賞しました。

■ふるさと動画大賞(地域プロモーション大賞 動画部門)とは
一般財団法人地域活性化センターが、地域の魅力を発信しているプロモーション動画を紹介するため、2019年から開催している事業です。令和2年度は「会いにいけなくても繋がれる 地域プロモーション動画」をテーマに、全国からの応募総数125点の中より選考が行われ、最高賞の大賞を受賞。
「第2回ふるさと動画大賞」ホームページURL:
https://www.jcrd.jp/publications/pamphlet/8/

■動画の内容
『101回目への弘前公園の桜(2020)』は、2020年春に制作された、日本一の桜とも称される弘前公園の桜と、その桜を守る樹木医「チーム桜守」をはじめとした作業員の姿を追いかけたドキュメンタリー映像作品です。
記念すべき100回目として開催される予定であった「弘前さくらまつり」。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、第二次世界大戦の影響があった1944~1946年以来の中止となりました。また、弘前公園も、1895年に開園して以降初めての閉鎖となりました。
吹き抜ける風の音と鳥のさえずりだけが聞こえる園内。2020年も桜は見事に咲き誇り、桜吹雪が舞い散る神秘的な雰囲気に包まれていました。
本動画では儚くも力強く咲く桜と、それを支える作業員の姿を描きながら、「散ったその瞬間からまた咲く準備を始める桜のように、この難局を共に乗り越え、来春の101回目の桜を皆さんと迎えたい」というメッセージが込められています。
誰もいない公園で、儚くも豪快に舞い散る桜吹雪をぜひご覧ください。
また現在、四季の弘前公園を追いかけたPR動画も制作中。2021年2月頃に、「プロモーションサイト弘前市」等において公開が予定されています。

【『101回目への弘前公園の桜』(YouTube)】
https://www.youtube.com/watch?v=sFjEYf1Y7x0

弘前市首都圏キャンペーン実行委員会(弘前市観光部観光課)
URL:http://www.city.hirosaki.aomori.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語