香川が発祥!年始の新しい食文化 ”年明けうどん”!「全国年明けうどん大会2020inさぬき」12/5、6開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

香川県では、12月5日、6日(土・日)の2日間、全国のご当地うどんが集結し、ご当地ならではの「紅い食材」を使った年明けうどんが食べられる「全国年明けうどん大会2020 in さぬき」を開催します。さらに新年2021年1月1日~15日には、県内外のさぬきうどん店が参加する「年明けうどんスタンプラリー」を開催し、冬の香川県を盛り上げます。

■「年明けうどん」とは?
「年越しそば」は、江戸時代から庶民の文化として定着したと言われており、大晦日に一年のねぎらいと新年を新しく迎える習慣として、全国的に親しまれていますが、香川県では新たな食文化として、新年を迎えて食す「年明けうどん」を提唱しています。「年明けうどん」は、本場さぬきうどん協同組合が主体となり、2008(平成20)年から始まった新習慣で、県内でも定着しつつあります。

純白で清楚なうどんに、紅いトッピングを1点以上添えて、年の初め(元日から1月15日)に食べることにより、その年の幸せを願うもので、家庭でも簡単に新年のお祝いができます。来年のお正月にはその年の幸せを祈りながら、是非「年明けうどん」を食べてみてはいかがでしょうか。

■全国のご当地うどんが大集合!!「全国年明けうどん大会2020inさぬき」@サンメッセ香川
2020年12月5日、 6日(土・日)の2日間、全国のご当地うどんが集結し、ご当地ならではの「紅い食材」を使った年明けうどんが食べられる「全国年明けうどん大会2020inさぬき」を開催。

7年目を迎える今回は、「新しい生活様式で新年の幸せを願う~全国年明けうどん大会 2020 in さぬき~特別開催」と題し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策を徹底して開催されます。
同イベントは、秋田県から日本三大うどんの「稲庭うどん」、北海道からは北海道産の小麦をオホーツクの塩で練り上げた「北海道純雪うどん」など、13の地域(12月2日時点)のご当地うどんが楽しめるイベント。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策のため、時間指定による事前予約の入替制(70分400人)で開催予定。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

【開催概要】
名称:新しい生活様式で新年の幸せを願う~全国年明けうどん大会 2020 in さぬき~特別開催
主催:「かがわの食」Happyプロジェクト、 香川県
会場:サンメッセ香川 大展示場ほか
内容:各地のご当地うどん・年明けうどんの提供
日時:2020年12月5日(土)、 6日(日)
時間:1. 09:00~10:10 (定員400名) / 2. 10:20~11:30 (定員400名) /3. 11:40~12:50 (定員400名) /4. 13:00~14:10 (定員400名) / 5. 14:20~15:30 (定員400名)
※混雑緩和のため上記の時間ごとに入場制限を行います。
※予約先着順(現在満席ですが、キャンセルがあった場合、12月4日 (金) 18:00までその都度予約可能)
URL:https://www.toshiakeudon.com/

■新年は「スタンプラリーキャンペーン」で“年明けうどん”食べ歩きを堪能しよう!
さらに新年を迎えた2021年1月1日(金)~15日(金)の15日間は、香川県内外のうどん店、約130店で「年明けうどん」が提供されます。提供店で「年明けうどん」を食べてスタンプを集めると、素敵なプレゼントが当たる「年明けうどんスタンプラリー」を実施。

【開催概要】
名称:「年明けうどんスタンプラリー キャンペーン」
主催:「かがわの食」Happyプロジェクト、 香川県
店舗:香川県内外の約130店舗 ※下記参加店舗等の詳細は公式ホームページをご確認ください。
期間:2021年1月1日 (祝) ~15日 (金) 15日間
URL:https://www.kensanpin.org/toshiakeudonmap/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語