邪気を払い、無病息災を祈る青森屋の風物詩。絶景雪見露天「ねぶり流し灯篭」実施

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」では、2020年12月1日~2021年3月31日の期間、絶景雪見露天「ねぶり流し灯篭」を今冬も実施します。
露天風呂「浮湯」の周りの池にねぶたの山車(だし)と小灯篭を浮かべ、邪気を払う「ねぶり流し」という行事を再現し、無病息災を祈ります。源泉かけ流しの温泉に浸かり、青森を代表する夏祭り「ねぶた」を雪の降る冬に楽しめる期間限定の露天風呂です。

■青森ねぶた祭の起源であるねぶり流しを露天風呂で再現
睡魔(すいま)を払い、穢れを川や海に流す行事とされる「灯篭流し」は、東北地方ではねぶり流しと呼ばれ、青森ねぶた祭の起源となったといわれています。青森屋では、ねぶたの山車2台と、お客様が書いた願い事を乗せた小灯篭を浮湯の周りの池に浮かべ、この行事を再現します。

■北方の守護神「毘沙門天(びしゃもんてん)」
一つ目の山車は、北方の守り神、知恵や開運をもたらす神として信仰されている毘沙門天です。右手に矛(ほこ)、左手に宝塔(ほうとう)を持ち、鬼を睨みつける表情をしています。

■疫病や邪気から人々を守る神「鍾馗(しょうき)」
浮湯の周りに浮かべる二つ目の山車は、疫病除けや邪気除けの神として信仰されている鍾馗です。中国の神話で、唐の玄宗皇帝が熱病にかかった際、夢の中で鐘馗という男が小鬼を退治したところ、夢から覚めた玄宗は回復していたと言い伝えられています。皇帝は自分の命を救ってくれた錘馗を神として定め、今に至るまでまつられています。

■制作者:ねぶた師 竹浪比呂央氏
これらの山車は、ねぶた師の竹浪比呂央(たけなみひろお)氏が制作。竹浪氏は、青森ねぶた祭で制作者に送られる最高賞「最優秀制作者賞」を受賞したねぶた師です。ねぶたの山車の評価は、躍動感の表現や色彩、山車の構図などによって決まります。ねぶり流し灯篭の山車も、本物の祭りに出陣する山車と同じように、下絵制作から始まり、鮮やかな色彩や山車の構図にこだわって作られています。

【「ねぶり流し灯篭」概要】
期間:2020年12月1日~2021年3月31日
場所:露天風呂「浮湯」
時間:5:00~24:00(ライトアップ時間:18:00~24:00)
料金:無料
願い事受付時間:15:00~21:00
源泉:古牧温泉
泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え症、疲労回復、健康増進等
浴槽数:男女各内湯2、外湯1
対象:宿泊者
備考:天候により、中止になる場合があります。

【星野リゾート 青森屋】
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。
住所:青森県三沢市字古間木山56
URL:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語