浅間山を望む北軽井沢に誕生する一棟貸切型のヴィラリゾート「俺の別荘 あさま空山望」11/28開業

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

合同会社空山望くらぶは、浅間山を望む北軽井沢の未開拓な大自然の中に、60,000平方メートル以上の広大な一棟貸し切り型のヴィラリゾート「俺の別荘 あさま空山望(くうざんぼう)」を2020年11月28日(土)より開業します。全棟からは”浅間山ビュー”の絶景を一望できる贅沢な空間になっています。

■未開拓な大自然の中に誕生する60,000平方メートル 以上の広大なヴィラリゾート「俺の別荘 あさま空山望」
群馬県に位置する北軽井沢は、人気観光地・軽井沢と隣接していながらも手付かずの自然が残り、雄大な浅間山や荘厳な滝など美しい大自然を体感できるエリアです。
この度オープンする「俺の別荘 あさま空山望」は、その北軽井沢の未開拓な大自然の中に誕生する一棟貸し切り型のヴィラリゾートです。都会や観光地の喧騒から離れた60,000平方メートル を超える広大な敷地の中に16棟の宿泊ヴィラとレストラン・スパ棟、ラウンジ棟を贅沢に配置。圧倒的な自然に溶け込んだ他に類を見ないプライベートな空間が広がっています。 絶景を眺めながらリラックス、地元食材を使ったBBQ、さらに同リゾートを拠点にゴルフや乗馬など、観光を目的とした旅行とは異なるそれぞれのライフスタイルにあわせた非日常な別荘ライフが満喫できます。

キャンプとホテルライフの融合をテーマに、「山の連峰」をイメージした各ヴィラの屋根には、太陽の暖かい陽の光を室内に通し、自然に溶け込むことができるよう、テント素材を採用。また、二重構造にし、間に空気層をつくり循環させることで、断熱効果を高め、快適な室内温度を実現しています。

室内インテリアは、世界的デザイナーのコシノジュンコ氏がコーディネートを担当し、モダンなインテリアの中に木の温もりを感じられるこだわりの空間に。さらに、各部屋にはBBQも可能な広々としたテラスのほか、小型犬専用のドッグランも順次設置予定。
宿泊ヴィラは全3タイプで、8名定員のプレジデンシャルスイート「ポラリス」と6名定員のスーペリアスイート「シリウス」、4名定員のデラックススイート「カシオペア」が用意されており、全ての棟から浅間山の絶景を眺望できます。

広大な敷地内では、三輪自動車「トゥクトゥク」で自由に周遊可能。
さらに今回先行して開業するヴィラエリアに加えて、 テントやキャンピングカーでの宿泊やアスレチックのアクティビティが体験できるキャンピングエリアも順次開発予定。

大自然に囲まれた贅沢な空間の中で、思いのままに寛ぎながら至福の時間をお過ごしください。

【施設概要】
名称:あさま空山望
所在地:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032−2577
施設概要:リゾート施設
敷地面積:約62,000平方メートル

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語