「日本一のモグラ駅」に無人駅グランピング施設が誕生!「DOAI VILLAGE」グランドオープン

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

JR東日本高崎支社、JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するCVCのJR東日本スタートアップ株式会社と、株式会社VILLAGE INCは、群馬県の上越線土合駅にて、2020年11月14日(土)、無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」を開業します。

日本一のモグラ駅として知られる上越線土合駅の駅舎内外を活用し、宿泊施設や飲食施設、野外サウナ施設を展開。電車を眺めながらの宿泊という非日常感を体験することができるゲストルームや、かつて実際に利用されていた駅務室を改装した駅舎内喫茶「mogura」など、旅行者や登山者の方だけでなく、地元の方も気軽に立ち寄り、地域交流が盛んになる場を生み出し、地域の活性化を目指すとともに、無人駅の新たな価値を提供していきます。

【「DOAI VILLAGE」概要】
場所:土合駅(群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽)
名称:DOAI VILLAGE
ゲストルーム数:4室(定員:2名/室)※順次増設予定
設備:シャワー、トイレ、サウナ、簡易キッチン
宿泊料金:25,000円(税別)/大人1名(1泊2食+ドリンク含む)
その他:地下ホームを活用したクラフトビールの熟成

予約方法:WEBサイトで受付 ※電話での予約受付不可
https://villageinc.jp/doaivillage/

■ここでしか味わえない!モグラ駅の地下ホームで熟成するクラフトビール「モグラ熟成ビール」
土合駅の下りホームは上越線のトンネル内にあり、駅舎から標高差約70m、486段もの階段を下るため「日本一のモグラ駅」と呼ばれています。
そんな地下ホームの小屋を活用して、地元のビール醸造所オクトワンブルーイングや、ビール醸造を通じて自然への取り組みを行うBREWING FOR NATUREに参加しているブルワリーが醸造したクラフトビールを貯蔵し、ここでしか味わえない「モグラ熟成ビール」を開発。主発酵の終了したビールを地下ホームの低温の環境のもと、穏やかに熟成させることで、味や香りを調和させることができ、 よりおいしいクラフトビールとなります。
出来上がったビールは、翌年開催予定の駅舎内でのビールイベントで楽しむことができます。
協力:オクトワンブルーイング、BREWING FOR NATURE

【施設詳細】
■宿泊施設 インスタントハウス
一般のテントに比べて、頑丈で断熱性に優れているのが特徴。テント内から電車が見える客室で非日常感を演出します。

■野外サウナ
自然の中で手軽に楽しめるサウナを特設。みなかみの大自然で“ととのう”を体感できます。
定員:4名程度 ※宿泊者限定

■センターハウス
ゲスト専用のセンターハウスには、簡易キッチン、シャワールーム、リビングを備え、リラックススペースとして自由に利用できます。

■駅舎内喫茶「mogura」
かつて実際に利用していた駅務室を改装したカフェスペースとなっており、切符売り場をそのまま活用した店のカウンターなど当時の姿を見ることができ、ゆっくりと流れる時間を味わうことができます。
営業時間:11:00~18:00(平日)10:00~18:00(土日祝)
メニュー:コーヒー、地元クラフトビール、その他軽食

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語